ストレージ クラウドストレージ

「Googleアカウント」の保存容量--5つのヒントで賢く節約

本記事では、グーグルが提供するストレージ容量の多くを圧迫しているファイルを発見し、不要になったデータを削除する方法について説明する。

 その電子メールには、「Googleから、ストレージ容量が不足しているとの通知を受け取った。何が容量を圧迫しているかを確認するには、どうすればいいのか」と書かれていた。

 あるクライアントが「G Suite Basic」で利用可能な30Gバイトのストレージ容量を何らかの理由で完全に使い切ってしまった。標準的な無料Googleアカウントのユーザーなら、15Gバイト分のデータを保存した時点で、保存容量の上限に達していたはずだ。上限に到達すると、「Google Drive」「Gmail」「Google Photos」のストレージを使用するアイテムを保存できなくなる。

 以下の手順は、Googleのストレージ容量の多くを圧迫しているファイルを発見し、不要になったデータを削除するのに役立つはずだ。2つの設定を調節して、アップロードする写真や文書が使用するストレージ容量を減らせるオプションもある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2710文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]