ECサイト

FutureShop2:自由度の高いデザインに優良顧客育成機能も利用できるECサイト構築運用サービス

ECサイト構築運用サービス「FutureShop2」は、ブランドイメージを保持できるようにデザインの自由度が高い。メールマガジンやレビュー、会員ステージなど優良顧客育成のための機能も利用できる。

FutureShop2のポイント

  • カートや注文フォームなどもデザインをカスタマイズ可能
  • 色やサイズでの商品検索機能も利用
  • 優良顧客育成施策のための機能も搭載

FutureShop2の製品解説

 フューチャーショップの「FutureShop2」は、ECサイトの構築と運用を支援するサービスだ。店舗構築や運用管理、集客プロモーションに必要な機能を備え、柔軟なデザイン機能によってブランドやコンセプトの訴求に役立てられる。

編集部おすすめの関連記事

 メニューや商品ページはもちろん、ショッピングカートや注文フォームに至るまで自由なデザインカスタマイズを可能とし、カラーやサイズなどのバリエーションに対応する商品検索機能も利用可能。Amazonアカウントの利用や登録情報、検索予測など入力フォームの支援により、訪問者の負担を軽減した使いやすいサイトを構築できる。

 商品情報のコントロールや売り上げ、在庫、受注管理、複数アカウントでの安全な利用、決済代行やアフィリエイト、アクセス解析など、効率的な運用につながる連携サービスも用意。豊富なプロモーション機能をはじめ、メールマガジンやポイント、会員ステージといった優良顧客へのサービスやリピート購入販促、LINEアカウントの情報と連携した配信などにも対応する。

 そのほか、実店舗とEC間のポイント、顧客統合システムを連携し、オムニチャネル化に取り組めるEC基盤「FutureShop2X」や、FutureShop2をベースに英語圏や中国語(繁体字)圏向けの販売に取り組める「FutureShop2 OVERSEAS」も提供。活用のための説明会・勉強会の開催、メール・電話でのサポート体制やセキュリティ対策も整えている。

FutureShop2の活用イメージ
FutureShop2の活用イメージ
FutureShop2のまとめ
用途と機能ECサイトの構築と運用を支援するサービス
特徴ブランドの訴求を可能とする自由度の高いデザインに対応し、外部サービスとの連携や充実したサポート体制、セキュリティ対策も備えている
税別価格初期費用:1万5000円、月額費用:8000円から
導入企業キモノラボ、マインドウインド、DoCLASSE、コナカ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan