コールセンター・コンタクトセンター ブレケケ・ソフトウェア・インク

ブレケケ・コンタクトセンター:アウトバウンドにも対応するコールセンターシステム

コールセンターシステム「ブレケケ・コンタクトセンター・スイート」は、4つの主要製品で構成されている。アウトバウンドとインバウンドの両方に対応する。

ブレケケ・コンタクトセンター・スイートのポイント

  • 通話振り分けや発信処理を実行するソフトの他にCRMなども用意
  • 小規模からマルチテナントによる超大規模運用まで規模や業種を問わず対応
  • インバウンドとアウトバウンドの両方に活用できる

ブレケケ・コンタクトセンター・スイートの製品解説

 日本ブレケケの「ブレケケ・コンタクトセンター・スイート」は、アウトバウンドとインバウンドの両方に対応するコールセンターシステム。マルチテナント対応や高いスケーラビリティによって、クラウドコールセンターのサービス事業でも活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 IP-PBXベースのフルIPコールセンターシステムで蓄積したノウハウを活用している。4つの主要製品で構成されている。

 「Brekeke Customer Interaction Manager(CIM)」は中枢となる製品で、管理者とエージェントのアカウントを管理し、各種ルールに基づいた通話の振り分け(ACD)や発信処理(ダイヤラー)を実行。コールセンター用のレポートシステム「Brekeke Contact Analytics(CA)」では、リアルタイムレポートやヒストリカルレポート、エージェントマップで通話やエージェントのステータスを閲覧したり、業務を分析したりできる。

 「Brekeke CRM」はコールセンターでの利用に特化した顧客管理システムで、“プレディクティブダイヤラー”や“自動音声応答(IVR)発信”に対応したキャンペーン機能、レイアウトを自由にカスタマイズできるエージェントビューなどを搭載。「Brekeke RFS」では通話録音ファイルを管理する。

 プレディクティブダイヤラーは、発信先リストに自動的に発信して、発信先が応答するとエージェントに接続して発信先とエージェントが会話できるという仕組み。IVR発信は、決められたチャンネル数内で自動的に発信し、つながり次第自動的にあらかじめ設定した内容の音声で対応する。

Brekeke CIMでコールセンターのエージェントやスーパーバイザーのアカウントを管理するユーザー一覧画面イメージ(ブレケケ提供)
Brekeke CIMでコールセンターのエージェントやスーパーバイザーのアカウントを管理するユーザー一覧画面イメージ(ブレケケ提供)
ブレケケ・コンタクトセンター・スイートのまとめ
用途と機能アウトバウンドとインバウンドに両対応したコールセンターシステム
特徴目的や予算に応じて製品が選択でき、規模や業種を問わず対応

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]