AI・機械学習

グーグルAIシステム「DeepMind」で期待される聴覚障害者支援--読唇術で人を上回る

グーグルとオックスフォード大学の研究者らが開発した新たな人工知能(AI)ツールによって、聴覚障害者による読唇術と話の内容の理解が大幅に向上するかもしれない。

 Googleとオックスフォード大学の研究者らが開発した新たな人工知能(AI)ツールによって、聴覚障害者による読唇術と話の内容の理解が大幅に向上するかもしれない。Googleとオックスフォード大学は、 先頃発表した論文で、「Google DeepMind」搭載システムが、いかにして訓練された人間の専門家よりも多くの言葉を正確に解釈できたのかを明らかにした。

 このAIツールは、「Watch, Listen, Attend and Spell」(WLAS:見て、聴いて、関心を払って、つづる)と呼ばれるもの。同論文によると、これは「口元の動きの映像から文字起こしする方法を学習するネットワーク」だという。研究チームは、BBCの映像から抽出した10万を超える自然言語文からなるデータセットを使って、同システムをトレーニングした。


提供:Google/Oxford

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約978文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  5. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan