AI・機械学習

グーグルAIシステム「DeepMind」で期待される聴覚障害者支援--読唇術で人を上回る

グーグルとオックスフォード大学の研究者らが開発した新たな人工知能(AI)ツールによって、聴覚障害者による読唇術と話の内容の理解が大幅に向上するかもしれない。

 Googleとオックスフォード大学の研究者らが開発した新たな人工知能(AI)ツールによって、聴覚障害者による読唇術と話の内容の理解が大幅に向上するかもしれない。Googleとオックスフォード大学は、 先頃発表した論文で、「Google DeepMind」搭載システムが、いかにして訓練された人間の専門家よりも多くの言葉を正確に解釈できたのかを明らかにした。

 このAIツールは、「Watch, Listen, Attend and Spell」(WLAS:見て、聴いて、関心を払って、つづる)と呼ばれるもの。同論文によると、これは「口元の動きの映像から文字起こしする方法を学習するネットワーク」だという。研究チームは、BBCの映像から抽出した10万を超える自然言語文からなるデータセットを使って、同システムをトレーニングした。


提供:Google/Oxford

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約978文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]