セキュリティ

サイバー攻撃を受けた企業、66%が回復できず--明らかになった回復力低下

IBMとPonemon Instituteの調査「2016 Cyber Resilient Organization」によると、企業などの組織はサイバー攻撃からの回復力が落ちているそうだ。

 IBMのResilient部門とPonemon Instituteが先ごろ実施した調査によると、サイバー攻撃後に回復できない組織の割合は66%あるという。これは米国時間11月16日に公表された調査レポート「2016 Cyber Resilient Organization」で示された数字で、企業などの組織におけるサイバー攻撃からの回復力低下が明らかになった。

 調査対象となったITおよびセキュリティ担当者の32%は、所属組織の回復力が高い、と回答した。2015年に実施された調査では35%あり、この1年間で低下したことになる。調査レポートを発表したプレスリリースでは、回復力を「サイバー攻撃に直面した際、中核となる事業目的と保全性を維持できる組織の能力」と定義していた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約929文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan