経費精算・旅費精算

自動登録や精算処理、機能連携--特徴が分かれる経費精算システム5選

経費精算システムを導入することで、経費精算の負荷を減らしたり、データ入力を自動化したりできる。だが製品によって備えている機能が大きく異なり、それらの特徴を踏まえた製品選択が必要だ。ここでは経費精算システムを5つ紹介する。

 経費精算に掛かる時間が、社員の大きな負担になっている企業は多いだろう。Excelを使っている場合は集計に時間が掛かるし、ウェブでの手入力の場合もミスが少なからず発生する。新たなサービスを導入して精算の負荷を減らしたり、データ入力を自動化したりすることによって、業務効率を大きく改善できるケースは多々あるはずだ。

 ここでは経費精算システムを5つ紹介する。領収書の登録を自動化できるものや交通費の精算に強いもの、経費精算以外のさまざまな機能との連携を特徴としているものなど、製品によって備えている機能が大きく異なる。クラウド型が増えているが、オンプレミスで使えるものもある。それらの特徴を踏まえた製品選択が必要だ。

1.Dr.経費精算

 「Dr.経費精算」は、BearTailが提供するクラウド型の経費精算システムだ。領収書をスマートフォンで撮影してアップロードすると、同社のオペレーターが入力を代行する。自分でデータを入力する手間を省くことができ、入力ミスも防げる。

 クレジットカードや電子マネーなどの明細から経費情報を自動で取得する機能もある。AmazonなどのさまざまなECサイトにも対応している。料金プランは、個人事業主向けの1IDあたり月額980円からの「パーソナルプラン」と、中小規模法人向けで30IDあたり月額2万9400円からの「コーポレートプラン」がある。

Dr.経費精算

2.MFクラウド経費

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1186文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  4. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  5. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]