経費精算・旅費精算

自動登録や精算処理、機能連携--特徴が分かれる経費精算システム5選

経費精算システムを導入することで、経費精算の負荷を減らしたり、データ入力を自動化したりできる。だが製品によって備えている機能が大きく異なり、それらの特徴を踏まえた製品選択が必要だ。ここでは経費精算システムを5つ紹介する。

 経費精算に掛かる時間が、社員の大きな負担になっている企業は多いだろう。Excelを使っている場合は集計に時間が掛かるし、ウェブでの手入力の場合もミスが少なからず発生する。新たなサービスを導入して精算の負荷を減らしたり、データ入力を自動化したりすることによって、業務効率を大きく改善できるケースは多々あるはずだ。

 ここでは経費精算システムを5つ紹介する。領収書の登録を自動化できるものや交通費の精算に強いもの、経費精算以外のさまざまな機能との連携を特徴としているものなど、製品によって備えている機能が大きく異なる。クラウド型が増えているが、オンプレミスで使えるものもある。それらの特徴を踏まえた製品選択が必要だ。

1.Dr.経費精算

 「Dr.経費精算」は、BearTailが提供するクラウド型の経費精算システムだ。領収書をスマートフォンで撮影してアップロードすると、同社のオペレーターが入力を代行する。自分でデータを入力する手間を省くことができ、入力ミスも防げる。

 クレジットカードや電子マネーなどの明細から経費情報を自動で取得する機能もある。AmazonなどのさまざまなECサイトにも対応している。料金プランは、個人事業主向けの1IDあたり月額980円からの「パーソナルプラン」と、中小規模法人向けで30IDあたり月額2万9400円からの「コーポレートプラン」がある。

Dr.経費精算

2.MFクラウド経費

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1186文字 ログインして続きを読んでください。

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]