クラウド

増えるホスティング&クラウド向けIT支出--現在の28%が2017年に34%へとの予想

451 Researchは、企業のホスティングサービスおよびクラウドサービス利用状況に関する調査結果を発表した。それによると、現在ホスティングおよびクラウドサービスに対する支出額はIT予算全体の28%だが、企業のIT担当者はこれが2017年には34%へ増えると予想していた。

 451 Researchは、企業のホスティングサービスおよびクラウドサービス利用状況に関する調査結果を発表した。それによると、現在ホスティングおよびクラウドサービスに対する支出額はIT予算全体の28%だが、企業のIT担当者はこれが2017年には34%へ増えると予想していた。このことなどから、外部のインフラ、アプリケーション、管理、セキュリティといったサービスに対する信頼度が高まっているといえる。

 ただし、ホスティングおよびクラウドサービスのプロバイダーは自らをインフラの主要プロバイダーと位置付けているものの、インフラサービス向け支出は全体の31%にとどまっていた。ホスティングおよびクラウドサービス向け予算の残り70%弱は、インフラ以外に割り当てられており、その内訳は以下のとおり。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan