マイナンバー NTTコミュニケーションズ

MySign:マイナンバーカード活用の本人確認基盤--安全に個人を認証、正確な情報を管理

「MySign」はマイナンバーカードと公的個人認証サービスを利用したオンライン本人確認プラットフォームサービス。ウェブサイトでもなりすましを防いだ迅速かつ安全な個人認証と、正確な個人情報管理が可能となる。

MySignのポイント

  • マイナンバーカードを利用したオンライン本人確認プラットフォームサービス
  • 総務大臣の認定手続きなしで公的個人認証サービス(JPKI)が利用可能
  • 新たにシステムを構築することなく、APIを介して簡単に自社サービスと接続できる

MySignの製品解説

 NTTコミュニケーションズの「MySign」は、マイナンバーカードと公的個人認証サービス(JPKI)を利用したオンライン本人確認プラットフォームサービスだ。

編集部おすすめの関連記事

 これまで本人確認を行うには、本人確認書類の郵送や写真アップロードなどが必要だったため、エンドユーザーだけでなく事業者側の負担も大きかった。しかし、MySignならエンドユーザーがカードリーダーにマイナンバーカードをかざし、パスワードを入力するだけで、迅速かつ手間なくJPKIを利用した本人確認ができるようになる。

 JPKIを利用する場合、通常は総務大臣の認定が必要だが、認定取得済みのサービスを使えば手続きが一切不要となる。新たにシステムを構築することなく、APIを介して簡単に自社サービスと接続できるのもポイントといえる。

 「携帯電話不正利用防止法」「犯罪収益移転防止法」の本人確認に対応しており、ウェブサイトで本人確認の自動化が可能。従来、ウェブサイトでの申し込みや会員登録は構造上、なりすましや改ざんが可能だったが、マイナンバーカードによる本人確認と申込書などへの電子署名により、なりすましと申込書の改ざん防止が図れるようになる。さらに、マイナンバーカードの電子証明書から住民票の氏名、住所、生年月日、性別をデータで取得するため、正確な個人情報管理が可能だ。

 主な利用シーンとしては、通信事業者での回線契約、金融機関における銀行口座、証券口座開設、クレジットカード申し込み、イベント会社でのチケット販売、ファンクラブ、結婚相談所、資格試験、レンタルビジネス、ネットカフェといった会員サービスの会員申し込みなどが挙げられる。

「MySign」のサービス利用イメージ
「MySign」のサービス利用イメージ
MySignのまとめ
用途と機能マイナンバーカードを利用したオンライン本人確認プラットフォームサービス
特徴公的個人認証サービス(JPKI)の認証手続きなしで、なりすましや改ざんを防いだオンライン個人認証を実現。マイナンバーカードの電子証明書から住民票の氏名、住所、生年月日、性別をデータで取得するため、正確な個人情報管理が可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan