メールセキュリティ ソースポッド

SPC Mailホールド:必要なものだけ取得できるメール添付ファイル保管サービス

「SPC Mailホールド」は高精度のスパムなどで必要なものだけをダウンロードできるメールの添付ファイル保管サービス。メールボックスの容量も大きく削減できる。オプションとして無害化サービスも提供する。

SPC Mailホールドのポイント

  • 高精度のスパム、ウイルス対策で必要な添付ファイルだけをダウンロード
  • 不要な添付ファイルの受信によるメールボックスの圧迫を防ぐ
  • 標的型攻撃メールなどの脅威から強固なセキュリティで利用者を守る

SPC Mailホールドの製品解説

 ソースポッドの「SPC Mailホールド」は、受信メールの添付ファイルを一時保管し、必要なファイルのみダウンロードできるメール向けサービスだ。利用者にはメール本文のヘッダーに添付ファイルのダウンロード用URLを差し込んで送信するため、メールボックス容量の大幅な減少にもつなげられる。

編集部おすすめの関連記事

 高精度なスパムとウイルス対策機能により、Google Apps環境では受け取れなかった二重zipファイルやexe形式ファイル、一部メールシステムで受信できないパスワード付きzipファイルを確実に受信できる。一斉配信メールや同報メールなどで受け取った閲覧する必要のない添付ファイルも分離させることができる。

 オプションとして、総務省が推進する「自治体情報システム強靱性向上モデル」における添付ファイル無害化サービスも提供。添付ファイルの除去やHTMLメールのテキストメール変換、URLリンクの削除を行い、標的型攻撃メールなどの脅威から強固なセキュリティで利用者を守る。

 メールシステムの稼動に関わるサーバや機器類は全て多重化構成となっており、データの保持も複数台のサーバで同期している。対となるサーバ間だけでなく筐体内でもミラーリングし、問題が発生してもサービスを中断することなく継続可能な仕組みを取り入れている。さらに日次バックアップやリストアできる体制も整え、障害対応には24時間365日体制で応じる。

SPC Mailホールドの利用イメージ
SPC Mailホールドの利用イメージ
SPC Mailホールドのまとめ
用途と機能高精度なスパムとウイルス対策機能で必要なものだけをダウンロードできるメール添付ファイル保管サービス
特徴必要な添付ファイルのみを安全、確実に受信。不必要な添付ファイルを外し、メールボックス容量の削減も可能とする
税別価格初期費用が5万円、月額費用がアカウントあたり200円。オプション月額費用は別途相談

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]