ソフトウェア

「Chrome」で期待されるリソース消費の軽減--バージョン55とグーグルのモバイル戦略

「Google Chrome」はリソースを大量に消費することで知られるが、12月に予定されているアップデートで、リソース使用率が大幅に改善されるという。同社が推進するモバイルウェブの取り組みに、ようやく追いつく形だ。

 世界でモバイルへの移行が進むなかで、Googleはその移行を加速させるために可能なことをすべて実行している。自社の有名な検索インデックスに、モバイルファーストのアプローチを採用したほどだ。ただし、実行できていないこともある。「Google Chrome」ブラウザを改善して、システムリソースを大量に消費しないようにすることだ。Chromeはリソースへの負荷が非常に大きいため、バッテリ持続時間を1時間延ばしたければ、単純にAppleのブラウザ「Safari」を使うことが確実な解決策になっている。

 だが、Google Chromeチームはようやく、同社モバイル部隊の他のメンバーたちに追いつこうとしており、 2016年12月に予定されているアップデート「Google Chrome 55」でリソース使用率を大幅に改善すると約束している。Googleがモバイルの促進のために取り組んできたことは高く評価するがChromeの進展の遅さに失望していたという人々にとって、これは大いに歓迎すべきニュースだ。

欠点をものともせずシェアを拡大し続けるChrome

 Google Chromeは何年にもわたって着実にシェアを拡大しており、デスクトップでかつての王者「Internet Explorer」を、モバイルではSafariを抜いて首位に立つまでになった。以前は丸め誤差という程度のシェアだったChromeだが、Googleがミニマリスト的なデザイン、検索機能の統合、純粋な速度を組み合わせたことで、動作の遅いブラウザ群を市場シェアで上回った。以下のように、デスクトップの1位はChromeだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1231文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]