その他データベース ファイルメーカー

オフィスの外はいまだ紙--FileMakerから見える業務のデジタル化の進行具合

ITの普及によって、企業規模に関係なく業務はデジタル化が進んでいるかように思われる。しかし、中堅中小企業、大企業でもオフィスの外ではまだまだデジタル化が進んでいない。FileMaker幹部への取材から見えてくる。

 市場競争が激化しビジネスにスピード感が強く求められるようになった昨今、ビジネスをサポートする業務アプリケーションでも、その潮流はよりアジャイルに、そして従来のIT部門主導からユーザー部門主導へと大きく移り変わりつつある。

 そうしたなか、11月9~11日に開催されたイベント「FileMakerカンファレンス 2016」にあわせて米FileMakerの幹部陣が揃って来日した。ユーザーベースなアプリケーション開発プラットフォームの“老舗”とも言うべきデータベースソフトウェア「FileMaker Pro」などで構成される「FileMakerプラットフォーム」を提供する同社が目指すノンプログラミングアプリケーションの方向性や国内外でのユースケースなどについて話を聞いた。

FileMaker CAO兼ファイルメーカー 社長 Bill Epling氏
FileMaker CAO兼ファイルメーカー 社長 Bill Epling氏

世界でニーズが高まっているノンプログラミング開発

──ビジネスの現場にいるユーザーがノンプログラミングでアプリケーションを開発するといったニーズは米国内でも高まっているのか。

Bill Epling氏(FileMaker 最高総務責任者=Chief Administrative Officer:CAO兼ファイルメーカー社長):米国に限らず世界中で明らかに高まっている。FileMakerプラットフォームは、ユーザー部門だけでも業務内容に則ったアプリケーションをノンプログラミングで開発できる点が大きなポイントだが、われわれのユーザーの多くが、まるで製品内にデベロッパーが存在しているかのごとく、気軽に優れたアプリケーションを構築して活用している。

──テクノロジから縁遠いユーザー部門にとっては、たとえプログラミングが不要であっても、使いやすいアプリケーションをデザインするのは難しいと思うがどうか。

残り本文:約2995文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan