ERP 富士通 富士通マーケティング

GLOVIA iZ:経営情報を可視化する中堅企業向けERP--ハイブリッドに対応

中堅企業向けERP「GLOVIA iZ」は会計、人事給与、販売管理、生産管理、経営管理をカバー。全社的な情報の一元化と経営情報の可視化に加えて、コミュニケーション機能も搭載する。

GLOVIA iZのポイント

  • 会計、人事給与、販売管理、生産管理、経営管理をカバーする中堅企業向けERP
  • 全社的な情報の一元化と経営情報の可視化に加え、円滑なコミュニケーションを実現
  • オンプレミスとクラウドの最適化により、共通システム基盤を用いたハイブリッドでの環境構築が可能

GLOVIA iZの製品解説

 富士通富士通マーケティングが提供する「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA iZ(GLOVIA iZ)」は、会計、人事給与、販売管理、生産管理、経営管理という5つの領域をカバーする中堅企業向けの統合基幹業務システム(ERP)だ。

編集部おすすめの関連記事

 機能面では、会計、人事給与、販売管理、生産管理の業務データを統合データベースへ蓄積し、役職や担務の異なる利用者が必要な情報を素早く確認できるなど、業務スピードの向上を支援。経営管理では、経営に必要な情報を標準化したテンプレートで、統合データベース内のデータを可視化することができる。画面のセルフカスタマイズに対応した「ファーストビュー」は、数値情報やグラフをクリックするだけで対象となる機能が起動し、スムーズに業務を開始することが可能だ。

 従来のERP製品で多かった課題としては、コミュニケーションツールと業務システムの分断が挙げられる。こうした課題を解決するべく、GLOVIA iZでは独自のコミュニケーション機能を採用。あらかじめ設定された判断ルールに基づき、上司への承認申請、他部門への作業指示や進捗状況などを自動で通知することで、利用者間の的確な情報伝達が可能となる。

 また懸案、要件、作業指示など、登録されたタスクと業務データを関連付けて管理できる仕組みにより業務の進捗状況を可視化。さらにモバイルの利用によって、場所や時間の制約を受けずにデータや進捗の確認、申請の承認といった業務を行えるようになる。

 業務ソリューションごとにオンプレミスやクラウドを選択し、共通システム基盤で業務とデータを連携できる点も特徴だ。共通システム基盤には、異なる環境下でもデータの同期が取れる差分配信機能を搭載し、マスタ統合などを自動化している。カスタマイズが多い販売管理や生産管理はオンプレミス、定常的な業務が主となる経営管理、会計、人事給与はクラウドを採用するといった、ハイブリッド環境でのシステム構築が可能となる。

「GLOVIA iZ」の主な特徴
「GLOVIA iZ」の主な特徴(富士通提供)
GLOVIA iZのまとめ
用途と機能会計、人事給与、販売管理、生産管理、経営管理をカバーする中堅企業向けERP
特徴情報の一元化と経営情報の可視化に加えて、円滑なコミュニケーションでワークスタイル変革を実現
税別価格GLOVIA iZ 販売管理:564万円から、GLOVIA iZ 会計:135万円から、GLOVIA iZ 人事給与:178万円から。GLOVIA iZ 経営管理とGLOVIA iZ 生産管理は2017年6月に提供予定。導入支援費用、カスタマイズ費用、サポート費用は個別見積もり

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan