オープンソース

「Linux」採用ミュンヘン市が議論する「Windows 10」再導入

ドイツ第3の都市ミュンヘンは、オープンソースのソフトウェアをいち早く導入し、脱Windowsを何年も進めてきた。しかし、そのミュンヘンの市議会で、最終的に「Linux」切り捨てにつながるかもしれない提案をしているレポートが議論の俎上に乗ることになった。

 ドイツ第3の都市ミュンヘンは、オープンソースのソフトウェアをいち早く導入し、脱「Windows」を何年も進めてきた。しかし、そのミュンヘンの市議会で、最終的に「Linux」切り捨てにつながるかもしれない提案をしているレポートが議論の俎上に乗ることになった。

 ミュンヘン市当局がこの提案を支持し、「Windows 10」と「Microsoft Office」が市議会全体で使えるようになるとしたら、かつてオープンソースソフトウェアの支持派だと見られていた同市にとって、大きな後退ということになる。

 ミュンヘンは2004年からの9年間で、スタッフ約1万5000人が利用しているソフトウェアを、WindowsとOfficeから「LiMux」(デスクトップ向けOS「Ubuntu」をカスタマイズしたもの)とオープンソースソフトウェアに切り替えた。ミュンヘンは当時、Windowsを拒絶した組織の中でも有数の大きな組織だったため、ミュンヘンの離脱を深刻に受け止めたMicrosoftは、当時の最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏がミュンヘン市に飛び、市長と会談したほどだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5235文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan