オープンソース

「Linux」採用ミュンヘン市が議論する「Windows 10」再導入

ドイツ第3の都市ミュンヘンは、オープンソースのソフトウェアをいち早く導入し、脱Windowsを何年も進めてきた。しかし、そのミュンヘンの市議会で、最終的に「Linux」切り捨てにつながるかもしれない提案をしているレポートが議論の俎上に乗ることになった。

 ドイツ第3の都市ミュンヘンは、オープンソースのソフトウェアをいち早く導入し、脱「Windows」を何年も進めてきた。しかし、そのミュンヘンの市議会で、最終的に「Linux」切り捨てにつながるかもしれない提案をしているレポートが議論の俎上に乗ることになった。

 ミュンヘン市当局がこの提案を支持し、「Windows 10」と「Microsoft Office」が市議会全体で使えるようになるとしたら、かつてオープンソースソフトウェアの支持派だと見られていた同市にとって、大きな後退ということになる。

 ミュンヘンは2004年からの9年間で、スタッフ約1万5000人が利用しているソフトウェアを、WindowsとOfficeから「LiMux」(デスクトップ向けOS「Ubuntu」をカスタマイズしたもの)とオープンソースソフトウェアに切り替えた。ミュンヘンは当時、Windowsを拒絶した組織の中でも有数の大きな組織だったため、ミュンヘンの離脱を深刻に受け止めたMicrosoftは、当時の最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏がミュンヘン市に飛び、市長と会談したほどだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5235文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]