販売管理

カゴ落ちPickUP:ECサイトでの離脱者分析でカゴ落ち対策を支援

販売管理サービス「カゴ落ちPickUP」は、通販サイトなどでの見込み客の行動を把握し、課題を抽出する。フォーム離脱やカート放棄での販売機会損失の最小化を目指す。

カゴ落ちPickUPのポイント

  • カート放棄数や未購入商品リスト、未購入商品総額などを監視
  • カゴ落ちした利用者に対してリカバリーメールを自動生成、無制限送信
  • システムとの連動でカゴ落ち対象品の広告を複数配信

カゴ落ちPickUPの製品解説

 通販サイトにおいて、カートに品物を入れてからフォームを離脱する、業界用語でいう「カゴ落ち」が大きな課題となっている。一般的には商品をカートに入れた利用者の5~7割がカゴ落ちしていると言われており、機会損失による金額もより大きくなるため、分析による課題の明確化と対策が急がれている。

 カゴ落ちの理由として、単純に検討中ということもあれば、「想定外のトータル価格が表示されていた」「他のショップと比較して高かった」などが挙げられる。このようなカゴ落ちした状況を監視し、利用者へアプローチするのがするのがGeeeNの「カゴ落ちPickUP」だ。

編集部おすすめの関連記事

 リアルタイムに利用者の行動が分析できる管理画面では、全利用者のカート内商品数や商品総額が確認できるほか、カートへ入れてからの経過時間、どのようなデバイスでアクセスし、ブラウザは何かといった状況を把握できる。

 また、スマートフォンやPCといった閲覧状況にあわせてメールマガジンを作成でき、カゴ落ちした利用者に対して最短で15分、最長で90日までリターゲティングメールを送信可能だ。メールは、利用者のカート情報に応じて商品とメッセージを自動で生成、配信したり、HTMLメール配信機能を搭載したりするなど、さまざまなシチュエーションで効果の高いメールを作成できる。

 さらにカゴ落ちPickUPのタグを使っていれば、特別なタグを埋め込むことなく、広告効果の最適化を目指すDSP(Demand Side Platform)広告を配信できる。こちらも利用者のカート情報に応じてバナーを自動で生成でき、DSP広告の複数配信にも対応している。

 料金体系は、2カ月限定となるが管理画面のみが提供される「Free」、カート内分析とメール配信、レポート機能とサポートが受けられる「Standard」、StandardにDSP広告機能が追加される「More」の3種類だ。

カゴ落ちした利用者へのアプローチイメージ
カゴ落ちした利用者へのアプローチイメージ(GeeeN提供)
カゴ落ちPickUPのまとめ
用途と機能カゴ落ちした利用者からの回収率をアップする販売管理サービス
特徴カゴ落ち対象品と総額などをリアルタイム監視。対象者に対してリカバリーメールやDSP広告でアプローチしコンバージョン率を向上させる
税別価格Free版:無料(2カ月)、Standard版:初期費用10万円、月額費用5万円。More版:初期費用10万円、月額費用3万5000円+広告出稿料

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan