コラボレーション

「Google Sites」のアップデート--5つの主要機能をチェック

「Google Sites」の大幅なアップデートと効率化が施されたバージョンが「G Suite」ユーザー向けに米国で公開される予定だ。ここでは、5つの主要機能を紹介する。

 2016年11月、大幅なアップデートと効率化が施されたバージョンの「Google Sites」が「G Suite」ユーザー向けに公開される。「Rapid Release」を選択している米国ユーザーは米国時間11月9日より、このアップデートを利用できるはずだ。「Scheduled Release」を選択している同ユーザー向けのリリースは11月21日より開始される予定だ。

 Google Sitesには、これまでと同じ部分もある。Sitesは今でも、初歩的なウェブサイトを作るためのツールである。従来通り、中核的なG Suiteアプリの1つだ。ほかの人々(あなたが選んだ編集者)と共同でサイトを作成することも可能だ。自分のサイトを「Google Analytics」に接続して、訪問者がそのサイト上のページをどのように移動しているのか把握することもできる。

 今回のアップデートで、GoogleはGoogle Sitesにこれまで搭載されていた複雑な機能の多くを削除した。ガジェットは廃止された。複雑なカラムやサイドバーも廃止された。ページレベルのアクセス許可も廃止された。ディスカッションフォーラムも廃止された。デスクトップ中心の世界向けのページ構築機能も廃止された。

 その代わりに、新しいGoogle Sitesは、コンテキストに応じて「Google Drive」のファイルをウェブに表示する非常に簡単な方法を提供する。どのページも読みやすい単一カラムのコンテンツになった。どのページもデスクトップ、タブレット、スマートフォンのすべてで問題なく動作する。一貫性のあるデザインを作り出せるように支援する、さまざまなテーマやフォント、カラーのおかげで、あらゆるサイトのエレメントが効果的に連携する。

 本記事では、従来のGoogle Sitesから、より新しく現代的な外観になったツールに移行する際、留意しておくべき5つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2119文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan