モバイル

10月の世界ウェブ利用シェア、モバイル&タブレットが初のデスクトップ超え

StatCounterは、世界ウェブトラフィックの集計データを分析し、2016年10月にモバイルおよびタブレットからの利用シェアがデスクトップPCを初めて超えたと発表した。

 StatCounterは、世界ウェブトラフィックの集計データを分析し、2016年10月にモバイルおよびタブレットからの利用シェアがデスクトップPCを初めて超えたと発表した。具体的には、モバイルおよびタブレットからの利用率が51.3%、デスクトップからの利用率が48.7%だった。

世界全体でのウェブアクセス利用率の推移(出典:StatCounter)
世界全体でのウェブアクセス利用率の推移(出典:StatCounter)

 モバイルによるウェブ利用が増えているだけでなく、Googleがモバイルアクセスに適したウェブサイトをモバイルフレンドリーとみなして検索結果の上位に表示するようになった。StatCounterの最高経営責任者(CEO)Aodhan Cullen氏は、「このような状況は、特に小企業、個人事業主、専門職の人々にとって、自分たちのウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうか確かめることを促す警鐘となるべきだ。古いサイトの多くは、モバイルフレンドリーでない」と指摘した。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan