クラウド クラウドサービス

AWSが考える次の10年--提供開始10年を迎えたアマゾンのクラウド

AWSはパブリッククラウド市場におけるリーダー企業の1社であるが、同市場は今も発展を止めていない。今後も革新し続けられるよう、AWSがどんなプランを練っているか解説しよう。

 クラウドコンピューティングは企業インフラで当たり前の存在になったものの、今も幼年期にある。Amazon.comのMatt Wood氏は、サンフランシスコで開催された2016 Structure Conferenceの場で、Amazon Web Services(AWS)がこれから10年にわたって成長と革新を継続させるために、どのようなプランを練っているか解説した。

 当記事の執筆時点で、AWSはちょうど10歳を超えたところだ。Amazon.comに欧州3番目の従業員として雇用されたWood氏によると、AWSの売上高は130億ドルになるペースで推移しており、月間アクティブ顧客数は約100万人だという。

 Wood氏いわく、クラウドは企業のシステム運用方法における「新たな標準」になっており、その傾向は特にこの5年で顕著になった。ただし、これで、AWSにとって対応すべきことがなくなったということではない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1287文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]