クラウド クラウドサービス

AWSが考える次の10年--提供開始10年を迎えたアマゾンのクラウド

AWSはパブリッククラウド市場におけるリーダー企業の1社であるが、同市場は今も発展を止めていない。今後も革新し続けられるよう、AWSがどんなプランを練っているか解説しよう。

 クラウドコンピューティングは企業インフラで当たり前の存在になったものの、今も幼年期にある。Amazon.comのMatt Wood氏は、サンフランシスコで開催された2016 Structure Conferenceの場で、Amazon Web Services(AWS)がこれから10年にわたって成長と革新を継続させるために、どのようなプランを練っているか解説した。

 当記事の執筆時点で、AWSはちょうど10歳を超えたところだ。Amazon.comに欧州3番目の従業員として雇用されたWood氏によると、AWSの売上高は130億ドルになるペースで推移しており、月間アクティブ顧客数は約100万人だという。

 Wood氏いわく、クラウドは企業のシステム運用方法における「新たな標準」になっており、その傾向は特にこの5年で顕著になった。ただし、これで、AWSにとって対応すべきことがなくなったということではない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1287文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]