無線LAN

@WiFi:アクセスポイントをクラウドで集中管理するマネージド無線LANサービス

マネージド無線LANサービス「@WiFi」は、アクセスポイントの認証や設定などをクラウド上で集中管理する。ポータルサイトから利用状況を把握できる。24時間365日の体制で障害に対応する。

@WiFiのポイント

  • 無線LAN環境をワンストップで提供
  • アクセスポイントの認証や設定などをクラウド上で集中管理
  • 24時間365日の体制で障害に対応

@WiFiの製品解説

 IIJグローバルソリューションズの「@WiFi」は、無線LAN環境に必要な機器の調達、構築、導入後の運用管理までワンストップで提供する法人向けマネージド無線LANサービス。利用者に代わってアクセスポイントの認証や設定などをクラウド上で集中管理するため、初期コストや運用保守の負担を抑えた高速の無線LAN環境が利用可能となる。

編集部おすすめの関連記事

 アクセスポイントの設定情報はクラウド上で管理するため、利用開始後もソフトウェアや設定情報を更新する必要がない。アクセスポイントは一元管理され、ポータルサイトから利用状況を把握できる。ヘルプデスクは24時間365日の体制で障害に対応する。

 2つのサービスタイプを用意している。

 「Type-M」はアクセスポイントに「Cisco Meraki」を利用。Facebookを活用した顧客獲得ツール機能、1台のアクセスポイントで来店者用と社員用で接続を分ける「マルチSSID」などが利用できる。

 有償オプションとして、使い慣れたSNSで接続できる「マルチSNS認証」などを提供。専用の給電スイッチで電源工事の難しい設置環境にも導入でき、中国・台湾・韓国をはじめとした海外20カ国以上で利用できる。

 「Type-S」は、独自開発したアクセスポイント「SA-W1」を利用する。最短10営業日、最低利用期間は1カ月と短期間での利用にも対応する。

@WiFiのサービスイメージ(IIJグローバル提供)
@WiFiのサービスイメージ(IIJグローバル提供)
@WiFiのまとめ
用途と機能機器の調達や構築、導入後の運用管理までワンストップ提供するマネージド無線LANサービス
特徴クラウド上で集中管理するため、初期コストや運用保守の負担を抑えながら無線LAN環境を導入できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]