BI

Hadoopエンジンベンチマーク--「Spark」「Impala」「Hive」「Presto」の性能を比較

ビジネスインテリジェンス(BI)分野のHadoopソリューションプロバイダーであるAtScaleは、HadoopでのBIのベンチマークを定期的に実施している。ここでは、先頃発表された最新の調査結果について、同社プロダクトマネジメント担当バイスプレジデントに話を聞いた。

 「Hadoop」の世界市場は今から2023年にかけて、26.3%の年平均成長率(CAGR)で拡大する見通しである。この数字は、企業がHadoopの導入をいかに積極的に進めているかを証明するものだ。Hadoopは、ビッグデータの特徴である巨大なファイルを保存および処理するためのビッグ・データ・ソフトウェア・フレームワークだ。しかし、処理速度を向上させて、パフォーマンスを高速化するために、追加のエンジンソフトウェアがHadoopと併用されている。

 ビジネスインテリジェンス(BI)分野のHadoopソリューションプロバイダーであるAtScaleは、HadoopでのBIのベンチマークを定期的に実施して、さまざまなHadoopエンジンのパフォーマンスを比較し、どのエンジンがどのHadoop処理シナリオに最適なのかを明らかにしている。ビッグデータ運用の管理を担当するシステムプロフェッショナルは、さまざまな種類のHadoop処理環境に最適なエンジンを選定する際、このベンチマーク結果を参考にしている。

 AtScaleは先頃、最新の調査結果を発表した。それについて、筆者はAtScaleのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのJosh Klahr氏に話を聞いた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1556文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan