クラウド クラウドサービス

クラウド活用10景--Evernote、インスタ、Dropbox、アップルの使い方を学ぶ

2016 Structure Conferenceの場で、クラウド関連書籍の著者であるJ・ワインマン氏が技術系の大手企業10社を例に挙げ、各社のクラウド活用方法を解説した。

 クラウドコンピューティングが大きな成長を遂げ、企業内でのクラウド活用方法も多彩になった。「Cloudonomics」と「Digital Disciplines」の著者であるJoe Weinman氏は、2016 Structure Conferenceの場で、10社の異なるクラウドインフラ導入方法について解説した。

 企業がクラウドに取り組む目的はそれぞれ異なり、アジリティやユーザーエクスペリエンス(UX)、コスト、拡張性、信頼性などに対する影響がある。そして、クラウドコンピューティングの導入方法は、そうした目的によって決まる。この大きな議論の大半は、パブリッククラウドとプライベートクラウドの相違が中心になる。Weinman氏は、両クラウドの相違点として、以下の項目を挙げた。

プライベートクラウド

  • 一定の需要
  • 予測可能な拡張性
  • 予測可能な振れ幅
  • 地理的な所在地
  • 自己多重化
  • DIYによるコストおよび権限面での優位性
  • コア

パブリッククラウド

  • 変化する需要
  • 予測可能な変化
  • 予測不可能なタイミング
  • 予測不可能な振れ幅
  • 地理的なばらつき
  • 顧客の多重化
  • コストおよび権限面での優位性と、DIYとの比較
  • コンテキスト

 Weinman氏が事例として取り上げた以下の10社が、どうクラウドに取り組んでいるか見て行こう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2007文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan