クラウド クラウドサービス

クラウド活用10景--Evernote、インスタ、Dropbox、アップルの使い方を学ぶ

2016 Structure Conferenceの場で、クラウド関連書籍の著者であるJ・ワインマン氏が技術系の大手企業10社を例に挙げ、各社のクラウド活用方法を解説した。

 クラウドコンピューティングが大きな成長を遂げ、企業内でのクラウド活用方法も多彩になった。「Cloudonomics」と「Digital Disciplines」の著者であるJoe Weinman氏は、2016 Structure Conferenceの場で、10社の異なるクラウドインフラ導入方法について解説した。

 企業がクラウドに取り組む目的はそれぞれ異なり、アジリティやユーザーエクスペリエンス(UX)、コスト、拡張性、信頼性などに対する影響がある。そして、クラウドコンピューティングの導入方法は、そうした目的によって決まる。この大きな議論の大半は、パブリッククラウドとプライベートクラウドの相違が中心になる。Weinman氏は、両クラウドの相違点として、以下の項目を挙げた。

プライベートクラウド

  • 一定の需要
  • 予測可能な拡張性
  • 予測可能な振れ幅
  • 地理的な所在地
  • 自己多重化
  • DIYによるコストおよび権限面での優位性
  • コア

パブリッククラウド

  • 変化する需要
  • 予測可能な変化
  • 予測不可能なタイミング
  • 予測不可能な振れ幅
  • 地理的なばらつき
  • 顧客の多重化
  • コストおよび権限面での優位性と、DIYとの比較
  • コンテキスト

 Weinman氏が事例として取り上げた以下の10社が、どうクラウドに取り組んでいるか見て行こう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2007文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan