マーケティングオートメーション サンブリッジ

Viscarte:名刺情報をマーケティングオートメーションに活用--Pardotと連携

名刺情報を効率的にMAに生かすクラウドサービス「Viscarte」は、MAサービス「Pardot」と連携して動作。名刺から取得した情報に対して営業担当との紐付けや顧客接点に応じた重み付け変更などを設定できる。

Viscarteのポイント

  • マーケティングオートメーションサービス「Salesforce Pardot」と連携
  • 営業担当と紐付け、顧客接点に応じて重み付けを変更
  • 営業フォローやセミナーフォローなどを実行

Viscarteの製品解説

 サンブリッジの「Viscarte(ビズカルテ)」は、名刺情報を効率的にマーケティングオートメーション(MA)に生かせるクラウドサービス。セールスフォース・ドットコムの企業向けに特化したMAサービス「Pardot」と連携して動作する。

編集部おすすめの関連記事

 Viscarteの画面上で、名刺から取得した情報に対して営業担当との紐付けや顧客接点に応じた重み付け変更などを設定できる。設定後、Pardotにデータを移行する。

 Pardot上でサンブリッジが実装した3つのプログラムである「名刺交換フォローアップ」「ステップメール」「セミナー集客・フォローアップ」で営業フォローやセミナーフォローなどが実行できる。

 クラウド型のサービスと、導入支援やコンサルティングをあわせて提供する。最短で2週間、2回のヒアリングで利用できるという。

Viscarteのシステム構成(サンブリッジ提供)
Viscarteのシステム構成(サンブリッジ提供)
Viscarteのまとめ
用途と機能名刺情報を効率的にマーケティングオートメーションに生かすMAサービス
特徴MAサービス「Pardot」と連携して動作
税別価格コンサルティング、実装込で127万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]