人材管理

Habi*Do:目標共有やグループ学習で意欲を高めるクラウド型マネジメントツール

目標共有型コミュニケーションとグループ学習を支援するSaaS「Habi*Do」は従来難しかった、具体的な行動や成果につなげるためのモチベーション向上を支援する。職場のマネジメントなどに有効としている。

Habi*Doのポイント

  • 目標共有型コミュニケーションとグループ学習を支援
  • チームマネジメントを支援する自動化アドバイス機能
  • 目標を自発的に登録し、日々のプロセスを可視化

Habi*Doの製品解説

 Be&Doの「Habi*Do(ハビドゥー)」は、目標共有やグループ学習の機能を提供するSaaS。同社独自の「TREEダイナミクス」というマネジメント手法に基づいて開発された。

編集部おすすめの関連記事

 同社によると、TREEダイナミクスは「自己効力感(Self-Efficacy)」を高めることで行動変容を促す手法である。自己効力感とは、カナダの心理学者であるAlbert Bandura氏が提唱した、行動を起こす自信、自分自身への信頼感だという。

 Habi*doは、目標共有型コミュニケーションとグループ学習を実現できる機能を搭載しており、これまでの管理ツールや社内SNSなどでは実現が難しかった、具体的な行動や成果につなげるためのモチベーション向上を支援する。

 搭載する機能は、(1)管理者(マネジャー)のチームマネジメントを支援する自動化アドバイス機能、(2)自己効力感を高めて行動変容を促進する仕組み、(3)ポイントやオンラインバッジなどを楽しみながらユーザーが活動できる仕組み――などである。

 例えば、目標を自発的に登録し、日々のプロセスを可視化、ユーザー同士がフィードバックしやすい仕組みなど、目標管理(Management By Objectives:MBO)の役割を果たし、PDCAサイクルを回すことも可能。同社では、特に職場のマネジメントなどに有効としている。

Habi*Doの画面(Be&Do提供)
Habi*Doの画面(Be&Do提供)
Habi*Doのまとめ
用途と機能 目標共有やグループ学習の機能を備えたクラウド型マネジメントツール
特徴 独自のマネジメント手法「TREEダイナミクス」に基づいて設計された機能を搭載
税別価格 プライベートプラン(8IDまで):1IDあたり月額約570円(日額19円)
ビジネスプラン(9ID以上):1IDあたり月額約780円(日額26円)
導入企業 TMJ、ラーニング・マスターズ、ロート製薬など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan