ワークフロー

パソコン決裁 DocGear:Excelをそのまま使えるワークフロー--電子印鑑に対応

ワークフローシステムの「パソコン決裁 DocGear」は、WordやExcel、PDFなどのファイルをワークフローとして使える。タブレットやスマートフォンでも承認できる。ブラウザで電子印鑑を押すこともできる。

パソコン決裁 DocGearのポイント

  • 電子印鑑に対応し、WordやExcel、PDFなどをそのままワークフローに申請できる
  • 承認経路や承認後の保存先などをあらかじめ設定して保存できる
  • タブレットやスマートフォンでも承認できる

パソコン決裁 DocGearの製品解説

 シヤチハタの「パソコン決裁 DocGear」は、文書管理機能を搭載したワークフローシステムだ。電子印鑑に対応し、WordやExcel、PDFなどのファイルをワークフローで申請して、PCやタブレット、スマートフォンで承認できる。

編集部おすすめの関連記事

 既に業務で使っているWordやExcel、PDFの帳票ファイルをそのままワークフローに申請できるので、新しく専用の帳票を作成する必要がない。PDFファイルに対しては、別売りの「印鑑データパック」を使うことでブラウザで電子印鑑を捺印できる。

 承認経路や承認後の保存先などをあらかじめ設定して保存できる「テンプレート」機能を装備。利用者はテンプレートを利用することで「件名」や「添付ファイル」など最低限の項目を入力するだけで申請できる。

 承認した文書は、「フォルダへの登録のみ」や「添付ファイルの更新を拒否」などのアクセス権限を付加してサーバのフォルダに保存する。アクセス権の設定は、ユーザー単位でもグループ単位でも行える。保存した添付ファイルに対して、キーワードを使って全文検索することもできる。

 クラウド版「パソコン決裁 DocGear クラウド」も提供する。サーバが不要でインターネットで申し込んで設定完了後すぐに利用できるので、導入コストやサーバ運用費の負担を軽減できる。

パソコン決裁 DocGearのシステム概要図
パソコン決裁 DocGearのシステム概要図(シヤチハタ提供)
パソコン決裁 DocGearのまとめ
用途と機能文書管理機能を搭載したワークフローシステム
特徴電子印鑑に対応し、WordやExcel、PDFなどのファイルをワークフローで申請して、PCやタブレット、スマートフォンで承認できる
税別価格パッケージ版:35万円。クラウド版:初期費用が8万円、月額費用が1万2000円。印鑑データパック:4800円から
導入企業メルパルク、淺川組、プラスロジスティクス、焼津水産化学工業、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan