ワークフロー

業務の抜け漏れをなくし、生産性を向上するタスク管理ツール5選

仕事が増え業務が複雑になるとカレンダーだけでのタスク管理は限界がある。そこで強い味方となるのが「タスク管理ツール」だ。業務を正確に遂行でき、かつ生産性を上げてくれるタスク管理ツールを紹介する。

 仕事が増えたり業務が複雑になったりすると、優先順位を付けて抜け漏れが発生しないようにすることが重要だ。管理が行き届かなくなり、納期や締切をうっかり忘れていた……という事態に陥ることもあるし、一度のミスが信用問題に発展するおそれもある。

 だからといって、カレンダーだけでタスクを管理するには限界がある。そこで今回は、業務を正確に遂行でき、かつ生産性を上げてくれるタスク管理ツールを5つ選りすぐって、それぞれの特徴とあわせて紹介する。

1.ToDous

 2012年度のグッドデザイン賞を受賞したことでも知られる「ToDous」。それだけに使いやすさ、見やすさには定評がある。一般的な機能のほかに「グループ横断ビュー」のように、グループごと、プロジェクトごとの管理がしやすくなる機能や、締め切りの前に通知する「アラームメール」のようにスケジュール管理ミスを防いでくれる機能もある。

 その中でもユニークなのは「催促メール」や「ありがとうボタン」だろう。仕事仲間との円滑なコミュニケーションに一役買ってくれるだろう。

 3ユーザーまでは無料で使えるが、有料プランは5ユーザーで月額4000円から。

ToDous

2.Remember The Milk

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1400文字 ログインして続きを読んでください。

「ワークフロー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]