無線LAN

NA1000シリーズ:不正侵入の検知防御機能を搭載した無線LANアクセスポイント

無線LANアクセスポイントの「NA1000」シリーズは、無線侵入防止システム(WIPS)を搭載。不正デバイス検出、不正なウェブサイトに誘導するAPへのアクセス遮断、APを狙ったDoS攻撃への防御などが可能だ。

NA1000シリーズのポイント

  • WIPS技術を用いてさまざまな無線不正侵入を検知、防御する
  • 周辺のアクセスポイント分布、デバイス分布、チャネル分布などを可視化し、許可、不正、外部、未分類などに色分け表示
  • 管理コンソールで複数のアクセスポイントや許可するデバイスの登録などを一括設定できる

NA1000シリーズの製品解説

 NECプラットフォームズの「NA1000」シリーズは、中小規模ネットワーク向けの無線LANアクセスポイント(AP)だ。無線侵入防止システム(Wireless Intrusion Prevention System:WIPS)を搭載している点が大きな特徴となっている。

編集部おすすめの関連記事

 WIPS技術を用いてさまざまな無線不正侵入を検知、防御する。具体的には、不正デバイスの検出、フィッシングサイトやウイルス感染のおそれがある不正サイトに誘導するAPへのアクセス遮断、APを狙ったサービス拒否(DoS)攻撃、WEPキーを盗むクラッキングの遮断、無線接続のエリア制限などである。

 管理コンソールで複数のアクセスポイントや許可するデバイスの登録などを一括設定が可能。周辺のアクセスポイント分布、デバイス分布、チャネル分布などを可視化し、許可、不正、外部、未分類などに色分け表示する。

 対応する無線LAN規格は、5GHzがIEEE802.11ac/n/a、2.4GHzがIEEE802.11n/g/b。セキュリティ機能として、SSID、WEP、WPA2-PSK、WPA/WPA2-PSK、WPA2-EAP、WPA/WPA2-EAPに対応する。

 シリーズには、WIPS全機能搭載を搭載する「NA1000W」と一部機能を搭載する「NA1000A」の2モデルがある。

NA1000シリーズの外観
NA1000シリーズの外観(NECプラットフォームズ提供)
NA1000シリーズのまとめ
用途と機能中小規模ネットワーク向けの無線LANアクセスポイント(AP)
特徴WIPSを搭載し、不正デバイスの検出、フィッシングサイトやウイルス感染のおそれがある不正サイトへのアクセス遮断、サービス拒否(DoS)攻撃をはじめとする脅威と脆弱性攻撃の防御、WEPキーを盗むクラッキングの遮断、無線接続のエリア制限などに対応する
税別価格NA1000W:9万3000円、NA1000A:6万8000円、管理コンソール:12万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]