ノークリサーチ

失敗しないSIer選びのポイント--6つの項目でシステム構築力を測る

業務システムの開発と運用を誰に任せるべきかはビジネスの成否にも影響を与える重大な決断といえる。だが、システムインテグレーター(SIer)の力量を正確に測ることは容易ではない。SIerを選ぶ際に留意すべきポイントを探ってみよう。

 ユーザー企業にとって、業務システムの開発と運用を誰に任せるべきかは、ビジネスの成否にも影響を与える重大な決断といえる。しかし、ITの専門家ではないユーザー企業がシステムインテグレーター(SIer)の力量を正確に測ることは容易ではない。そこで本稿では、ノークリサーチが実施したユーザー企業1300社に渡るアンケート評価をもとに、ユーザー企業がSIerを選ぶ際に留意すべきポイントを探る。

システム構築力を測るための6項目

 SIerの力量を測る観点は実にさまざまだ。その中でも業務システムの品質を大きく左右するのが「システム構築力」である。良いシステムを作り上げるための能力といってもいいだろう。

 ここで注意すべきなのは、「ユーザー企業が求める機能を何でも聞き入れる=システム構築力が高い」というわけではないという点だ。例えば、パッケージをカスタマイズしてさまざまな機能を無理に詰め込んだ結果、パッケージがバージョンアップされるたびに多額の改修費用を支払っているというケースも少なくない。こうした事態に陥らないためにも、システム構築力を複数の観点から測ることが必要となってくる。

 そこで抑えておきたいのが、以下のシステム構築力を測るチェックポイントだ。各項目には、ユーザー企業から見て「良いSIerの例」と「悪いSIerの例」を併記している。現在委託しているSIerが以下の項目において、「良い」「悪い」のどちらに当てはまるかを考えながら見ていただくといいだろう。

 多くの場合、SIerは何らかのパッケージ製品もしくは自社開発のシステムをベースとして個々のユーザー企業向けの業務システムを開発運用している。以下に列挙した項目もそうした一般的なケースを想定している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2595文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]