バックアップ ワイ・ディ・シー

Standby Express:データベースの障害復旧時間を短縮できるバックアップソフト

バックアップソフトウェアの「Standby Express」は、データベースで障害が発生したときの復旧に要する時間(RTO)と復旧で戻される時点(RPO)を短縮する。ダウンタイムやデータ移行の時間をできるだけ短くすることができる。

Standby Expressのポイント

  • データベース障害発生時のRTOとRPOを短縮する
  • ボタン操作だけで待機系に数分で切り替えられる
  • スイッチ機能を使って災害時の切り替え訓練や計画停電に対応可能

Standby Expressの製品解説

 ワイ・ディ・シーの「Standby Express」は、データベースで障害が発生したときの復旧に要する時間(RTO)と復旧で戻される時点(RPO)を短縮するためのバックアップソフトウェアだ。災害対策やバックアップにより障害発生時のダウンタイムを短縮できることに加え、システムの停止時間を極力短くしたデータ移行も可能になる。

編集部おすすめの関連記事

 本番稼働しているデータベースの内容を別に用意したデータベースに定周期で同期するシンプルな仕組みだ。障害などの際は管理画面のボタン操作だけでスタンバイしている別のデータベースに数分で切り替えて業務を続けることが可能だ。

 本番系と待機系が正常に動作している状態でその役割を数分で反転させるスイッチ機能を備える。この機能を利用して、災害時の切り替え訓練や計画停電に対応することが可能である。

 通常時は、サービスが自動で同期処理を実行する。同期状況の確認や設定の変更などは、GUIの管理画面で簡単に操作することができる。

 「Oracle Database」と「Microsoft SQL Server」の各有償エディションに対応している。Oracle Databaseの場合、Enterprise Editionだけでなく、Standard Edition 2やStandard Edition、Standard Edition Oneでも導入可能だ。「Oracle Real Application Clusters(RAC)」や「SQL Serverフェイルオーバクラスター」などのクラスタ環境にも対応している。

Standby Expressの画面イメージ
Standby Expressの画面イメージ(ワイ・ディ・シー提供)
Standby Expressのまとめ
用途と機能データベースで障害が発生したときのRTOとRPOを短縮するためのバックアップソフトウェア
特徴災害対策やバックアップにより障害発生時のダウンタイムを短縮できることに加え、システムの停止時間を極力短くしたデータ移行も可能
税別価格ライセンスは110万円から、年間サポート料金は24万2000円から
導入企業ランドスケイプ、大興電子通信、など

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]