バックアップ

DRBD:ブロックデバイス単位で動作するOSSのデータ複製ツール

「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するOSSだ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

DRBDのポイント

  • ネットワーク経由でHDDなどのブロックデバイスをリアルタイムに複製
  • データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
  • データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない

DRBDの製品解説

 「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するオープンソースソフトウェア(OSS)だ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

編集部おすすめの関連記事

 データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能となっている。Linuxのカーネル2.6.33に標準実装されている。LINBITが開発を進め、GNU Public License 2(GPLv2)でライセンスされている。

 本番系と待機系のサーバに同時にデータを書き込んでリアルタイムに同期できるため、本番側で障害が発生した場合は待機側に切り替えてサービスを継続できる。障害サーバの復旧後は、自動でデータを再同期し、次の障害に備える仕組みとなっている。

 オプションの「DRBD Proxy」を使うと、WAN環境で運用できるようになり、災害に備えたデータバックアップや、遠隔地に設置したバックアップシステムへのレプリケーションを可能にする。

DRBDのまとめ
用途と機能ネットワークを通じてHDDなどのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製
特徴データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
税別価格無償(オープンソース)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]