バックアップ

DRBD:ブロックデバイス単位で動作するOSSのデータ複製ツール

「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するOSSだ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

DRBDのポイント

  • ネットワーク経由でHDDなどのブロックデバイスをリアルタイムに複製
  • データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
  • データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない

DRBDの製品解説

 「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するオープンソースソフトウェア(OSS)だ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

編集部おすすめの関連記事

 データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能となっている。Linuxのカーネル2.6.33に標準実装されている。LINBITが開発を進め、GNU Public License 2(GPLv2)でライセンスされている。

 本番系と待機系のサーバに同時にデータを書き込んでリアルタイムに同期できるため、本番側で障害が発生した場合は待機側に切り替えてサービスを継続できる。障害サーバの復旧後は、自動でデータを再同期し、次の障害に備える仕組みとなっている。

 オプションの「DRBD Proxy」を使うと、WAN環境で運用できるようになり、災害に備えたデータバックアップや、遠隔地に設置したバックアップシステムへのレプリケーションを可能にする。

DRBDのまとめ
用途と機能ネットワークを通じてHDDなどのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製
特徴データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
税別価格無償(オープンソース)

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]