バックアップ

DRBD:ブロックデバイス単位で動作するOSSのデータ複製ツール

「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するOSSだ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

DRBDのポイント

  • ネットワーク経由でHDDなどのブロックデバイスをリアルタイムに複製
  • データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
  • データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない

DRBDの製品解説

 「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」は、ネットワークを通じてハードディスクドライブ(HDD)などのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製するオープンソースソフトウェア(OSS)だ。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ。

編集部おすすめの関連記事

 データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能となっている。Linuxのカーネル2.6.33に標準実装されている。LINBITが開発を進め、GNU Public License 2(GPLv2)でライセンスされている。

 本番系と待機系のサーバに同時にデータを書き込んでリアルタイムに同期できるため、本番側で障害が発生した場合は待機側に切り替えてサービスを継続できる。障害サーバの復旧後は、自動でデータを再同期し、次の障害に備える仕組みとなっている。

 オプションの「DRBD Proxy」を使うと、WAN環境で運用できるようになり、災害に備えたデータバックアップや、遠隔地に設置したバックアップシステムへのレプリケーションを可能にする。

DRBDのまとめ
用途と機能ネットワークを通じてHDDなどのブロックデバイス単位でリアルタイムに複製
特徴データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要はない。ほぼ全てのアプリケーションがリアルタイムにデータを複製しながら動作可能。データを失わないためのバックアップやサービスの冗長化に役立つ
税別価格無償(オープンソース)

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]