セキュリティ

DynへのDDos攻撃--残された5つの教訓

インターネットパフォーマンス管理企業Dynに対するDDos攻撃が10月に発生した。この攻撃は、その影響範囲の広さから、これまでで最大規模のものの1つと言えそうだ。本記事では、攻撃の詳細情報と、ビジネス界がここから学べる教訓を紹介する。

 2016年に発生した大規模サイバー攻撃の長いリストに、インターネットパフォーマンス管理企業Dynに対する分散型サービス拒否(DDos)攻撃が加わった。米国時間10月21日、Dynの顧客はオンライン資産にアクセスできない状況が続いた。

 Dynはドメインネームシステム(DNS)プロバイダーで、たくさんの大手企業を顧客に持ち、ドメイン名をIPアドレスに変換する手助けをしている。攻撃を受け、TwitterやAmazon、Reddit、Netflixなどの大手ブランドは、数時間サービスを受けられなくなった。

 今回のDynに対するDDos攻撃は、その影響範囲の広さから、これまでで最大規模のものの1つと言えそうだ。本記事では、攻撃の詳細情報と、ビジネス界がここから学べる教訓を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2261文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan