無線LAN 通信・通話

LED電球による高速ワイヤレス通信技術Li-Fi、2020年まで年平均48%で急成長

Technavio Researchは、LED電球を利用する新たな無線データ通信技術Li-Fiに関する調査結果を発表した。それによると、まだ誕生したばかりのLi-Fi市場は今後成長し、2016年から2020年にかけての世界全体の売上高は、年平均成長率(CAGR)48%のペースで拡大するという。

 Technavio Researchは、LED電球を利用する新たな無線データ通信技術、ライファイ(Light Fidelity:Li-Fi)に関する調査結果を発表した。それによると、まだ誕生したばかりのLi-Fi市場は今後成長し、2016年から2020年にかけての世界全体の売上高は、年平均成長率(CAGR)48%のペースで拡大するという。

 Li-Fiは、LED電球の点滅を利用し、コンピュータやタブレット、スマートフォンといったデバイスとのあいだで無線データ通信する技術。無線LAN(Wi-Fi)と違って光を使い、Wi-Fiより高速な通信が可能とされている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約756文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan