グループウェア Atlassian Software Systems

Confluence:チーム内の共同作業を計画、整理、議論するためのコラボツール

コラボレーションツールの「Confluence」は、仕事の整理、ドキュメントの作成、議論などを一カ所に集約できる。情報を探し出すのにかける時間を減らし、業務の生産性を向上させる。

Confluenceのポイント

  • 仕事の整理、ドキュメントの作成、議論などを一カ所に集約できる
  • 情報を探し出すのにかける時間を減らし、業務の生産性を向上させる
  • プロジェクト管理ツール「JIRA Software」との連携も可能

Confluenceの製品解説

 Atlassianの「Confluence」は、チーム内の共同作業を計画、整理、議論するためのコラボレーションツールだ。仕事の整理、ドキュメントの作成、議論などを一カ所に集約できる。情報を探し出すのにかける時間を減らし、業務の生産性を向上させる。

編集部おすすめの関連記事

 議事録やナレッジベースなどを全てウェブで作成でき、チーム内で情報を共有できる。各ページやファイルに対してコメントを付けてフィードバックを送信可能だ。ファイルも共有可能で、ファイルのバージョンは自動的に管理され、常に正しいバージョンのファイルで作業できる。

 メール受信箱や複数のアプリに散らばった全ての情報をまとめられる。それぞれのチーム、プロジェクト、部門が独自にスペースを作り、仕事を記録することが可能だ。

 プロジェクト管理ツール「JIRA Software」と連携することで、製品要件、プロジェクト報告、ロードマップなどのコンテンツと、JIRAで管理している課題との関連性を誰でも確認できるようになる。

Confluenceの画面イメージ
Confluenceの画面イメージ(Atlassian提供)
Confluenceのまとめ
用途と機能チーム内の共同作業を計画、整理、議論するためのコラボレーションツール
特徴仕事の整理、ドキュメントの作成、議論などを一カ所に集約できる。情報を探し出すのにかける時間を減らし、業務の生産性を向上させる
価格(税別)最大10ユーザーまでの場合で月額10ドル
導入企業NASA、Audi、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan