バックアップ

それで合ってますか?--改めて考えたい仮想化環境でのバックアップの運用方法

仮想化環境の過程を振り返るとともに、データ保護に与えた影響について解説する。仮想化システムの保護が抱える課題とその結果から導き出されたデータ保護技術についても紹介する。

 サーバの仮想化はこの10年間にデータセンターに導入された最も重要なテクノロジです。仮想化によってコンピュータのリソースを検討する方法が変化し、ネットワーク、ストレージ、サーバ自身などすべてに対して影響を与えました。

 そしてその需要の高さゆえ、基幹システムである大規模なデータベースを含むすべてのアプリケーションでサーバの仮想化は利用されるようになりました。サーバの仮想化がデータ保護を含む多くのことを変えたということを考慮にいれておくことが重要です。

 ここでは、これまでの過程を振り返るとともに、データ保護に与えた影響について解説します。仮想化システムの保護が抱える課題とその結果導き出されたデータ保護技術についても紹介します。

 仮想化の初期には、データ保護は各仮想マシンにバックアップエージェントをインストールする従来の方法で実施されていました。この方法での課題は性能にありました。

 同時にバックアップが起動する仮想マシンの数に依存して、ホストサーバの共有リソースが制限されてしまうという点です。同時にバックアップする仮想マシンが多すぎると、サーバのクラッシュを引き起こす可能性もありました。

 この問題を解決するために、バックアップベンダーは仮想化システム専用の製品を打ち出しました。バックアップベンダーは、利用できるAPIを仮想化ベンダーのサポートなしに、バックアップを実行するために直接ハイパーバイザとインターフェースさせる必要がありました。

 しかし、ハイパーバイザの改変やバージョンアップによって、バックアップソリューションは時にエラーで終わってしまうこともありました。 立ち上がったばかりのベンダーであれば許される範囲ではあるものの、すでに製品を提供しているバックアップベンダーは仮想化ベンダーのAPIが開発されるのを待つという選択をしました。

 今日、仮想化ベンダーはデータ保護をサポートするAPIをそれぞれ提供しています。これは、改定があったとしてもバックアップソリューションがきちんとバックアップを実行できることを意味します。

 業界を牽引するすべてのバックアップソリューションは、エージェントレスバックアップを実行するためにハイパーバイザのAPIを利用しています。従って、後ほど言及する特別な状況を除いて、もはやエージェントを各仮想マシンにインストールする必要はなくなりました。仮想マシンを保護できる信頼性の高い、高性能なデータ保護ソリューションが可能になったのです。

仮想化システムのバックアップ技術

残り本文:約5648文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan