アクセス管理

FaceDuo:相互牽制のための複数人作業を確実にする不正操作防止システム

不正操作防止システムの「FaceDuo」は、ログオンからログオフまで顔認証機能でセキュリティを確保して不正操作を防ぐ。重要なデータを扱う端末において相互牽制のための複数人作業を確実にする。

FaceDuoのポイント

  • 複数人での作業が必要な業務に対して、複数人の顔を同時に認証してログオン、ログオフすることで不正操作を防ぐ
  • 重要なデータを扱う端末において相互牽制のための複数人作業を確実にする
  • 顔認証のため、ログオン、ロック解除時などにパスワードを入力する必要はない

FaceDuoの製品解説

 NTTデータSMSの「FaceDuo」は、顔認証により端末の不正操作を防ぐセキュリティシステムだ。ログオンからログオフまで顔認証機能でセキュリティを確保して不正操作を防ぐ。複数人同時に顔認証することも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 端末操作中は、端末のウェブカメラで事前に登録した複数の利用者の顔を同時に検出する。照合ができない場合は操作できないように画面をロックする。重要なデータを扱う端末において相互牽制のための複数人作業を確実にするとしている。

 顔認証のため、ログオン、ロック解除時などにパスワードを入力する必要はない。そのため、パスワードのまた貸しや盗用といった不正リスクを低減できる。

 操作履歴を記録できる製品と組み合わせて使えば、端末操作者の顔と名前、操作記録を関連付けることができ、セキュリティのレベルをより高めることができる。

複数人同時に顔認証が可能
複数人同時に顔認証が可能(NTTデータSMS提供)
FaceDuoのまとめ
用途と機能顔認証により端末の不正操作を防ぐセキュリティシステム
特徴ログオンからログオフまで顔認証機能でセキュリティを確保して不正操作を防ぐ。複数人同時に顔認証することも可能
導入企業地銀共同利用型バンキングシステム、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]