会計ソフト

キーパー財務:ウィザード形式でデータを作成できる中小企業向け財務会計ソフト

中小企業向け財務会計ソフトの「キーパー財務」は、ウィザード形式で順番に表示される画面の質問に答えるだけで自動でデータを作成できる。自動仕訳や試算表の確認、決算書の作成なども可能だ。

キーパー財務のポイント

  • ウィザード形式で順番に表示される画面の質問に答えるだけで自動でデータを作成できる
  • 単一仕訳の連続入力方式で大量の仕訳入力にも対応
  • 決算機能では、報告式、勘定式、2期比較の3種類の決算書を作成することが可能

キーパー財務の製品解説

 シスプラの「キーパー財務」は、中小企業向けの財務会計ソフトだ。会社名、住所、会計期間、消費税区分、部門と本支店の有無など、ウィザード形式で順番に表示される画面の質問に答えるだけで自動でデータを作成できる。科目コードを利用者独自のものに変更することも可能。

編集部おすすめの関連記事

 仕訳機能では、会計事務所や記帳代行会社などのプロフェッショナル向けに、単一仕訳の連続入力方式を用意する。入力順を日付→仕訳→金額→摘要としてキータッチの統一を図っているので大量の仕訳を入力するのに向く。

 自動仕訳機能も備える。繰り返し発生する仕訳取引を摘要辞書に登録すれば、次回以降は辞書から摘要を選択するだけで仕訳を自動的に入力する。給与支給、売掛金の入金、買掛金の支払いなど、毎月発生する複合仕訳を一括入力辞書に登録すると、日付や金額など、変動部分を訂正するだけで複数の仕訳を一度に入力できる。

 試算表で残高を確認する機能も搭載。各勘定科目における取引金額を集計するとともに、補助を設定した科目についてはその場で内訳を表示する。

 決算機能では、報告式、勘定式、2期比較の3種類の決算書を作成することが可能。会社法の施行に伴って導入された株主資本等変動計算書も作成できる。

試算表で残高を確認できる
試算表で残高を確認できる(シスプラ提供)
キーパー財務のまとめ
用途と機能中小企業向けの財務会計ソフト
特徴会社名、住所、会計期間、消費税区分、部門と本支店の有無など、ウィザード形式で順番に表示される画面の質問に答えるだけで自動でデータを作成できる
税別価格10万円
導入企業 吉田会計、医療法人健和会、山梨県商工会連合会、千木良機械設計、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan