クラウド クラウドサービス

説得力のあるハイブリッドクラウド事例が存在しない理由

ハイブリッドインフラとハイブリッドクラウドを混同しては駄目だ。パブリックとプライベートの両クラウドソリューションを統合するのに現実的な理由が存在しないので、ハイブリッドクラウド構築に着手する価値などない。

 「VMware Cloud on AWS」ソリューションが、既存サービスをそれらしくクラウド化する行為についての話題を再燃させた。そうした話題の1つの中心にあるのがハイブリッドクラウドなのだが、そこでは、企業データセンターでハイブリッドクラウドを構築できる手段が存在するかという問題が提起されている。

 表現を変えると、統合されたソリューションとしてパブリックとプライベートの両クラウドの管理を追求するというのは、無駄な行為なのだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1809文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan