クラウド クラウドサービス

説得力のあるハイブリッドクラウド事例が存在しない理由

ハイブリッドインフラとハイブリッドクラウドを混同しては駄目だ。パブリックとプライベートの両クラウドソリューションを統合するのに現実的な理由が存在しないので、ハイブリッドクラウド構築に着手する価値などない。

 「VMware Cloud on AWS」ソリューションが、既存サービスをそれらしくクラウド化する行為についての話題を再燃させた。そうした話題の1つの中心にあるのがハイブリッドクラウドなのだが、そこでは、企業データセンターでハイブリッドクラウドを構築できる手段が存在するかという問題が提起されている。

 表現を変えると、統合されたソリューションとしてパブリックとプライベートの両クラウドの管理を追求するというのは、無駄な行為なのだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1809文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan