情報漏えい対策 三菱スペース・ソフトウェア

すみずみ君:個人情報が含まれた文書を検索するファイル検出ツール

個人情報ファイル検出ツールの「すみずみ君」は、クライアントPCや共有サーバ内にある個人情報を含むファイルを検索する。Officeファイルやテキスト、圧縮ファイル、メールソフトなどに対応している。

すみずみ君のポイント

  • クライアントPCや共有サーバ内にある個人情報を含むファイルを検索する
  • 個人情報や機密情報がどこにどれだけあるかを把握することができる
  • 辞書の設定でさまざまな機密情報の管理ツールとしても活用できる

すみずみ君の製品解説

 三菱スペース・ソフトウエアの「すみずみ君」は、クライアントPCや共有サーバ内にある個人情報を含むファイルを検索する個人情報ファイル検出ツールだ。個人情報や機密情報がどこにどれだけあるかを把握することができる。

編集部おすすめの関連記事

 電話番号、住所、メールアドレス、名字、生年月日、クレジットカード番号、口座番号、マイナンバー(個人番号)などの個人情報を検出するほか、辞書の設定でさまざまな機密情報の管理ツールとしても活用できる。

 辞書ユーティリティを使うことで、独自の検出条件や固定キーワード、正規表現を使用した辞書の作成が可能となっている。検査結果の画面からファイルの移動や削除ができる。検査結果をもとにファイル名に「厳密」「顧客」などの機密区分ラベルを付与できる。

 対象となるファイル形式は、テキストファイル、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Access、Visio)、Microsoft XPS Document、一太郎、PDF、ODF、RTF、eml、DocuWorksである。圧縮ファイル(zip、lha、tar、tgz)内のファイルを検索することも可能。対応するメールソフトは、Microsoft Outlook、同Outlook Express、Mozilla Thunderbirdである。

すみずみ君のまとめ
用途と機能クライアントPCや共有サーバ内にある個人情報を含むファイルを検索する個人情報ファイル検出ツール
特徴電話番号、住所、メールアドレス、名字、生年月日、クレジットカード番号、口座番号、マイナンバー(個人番号)などの個人情報を検出するほか、辞書の設定でさまざまな機密情報の管理ツールとしても活用できる
税別価格4800円(20~99ラインセンス)から
導入企業 足利銀行、京葉銀行、ソニー生命保険、三菱電機、三菱電機インフォメーションシステムズ、みなと銀行、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  5. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan