モバイル

「Chromebook」入門--クラウド中心の低価格ノートPCを活用するメリット

「Chromebook」は、グーグルの「Chrome OS」を搭載するノートPCだ。非常に手ごろな価格設定で、同社のクラウドサービス「G Suite」を中心に構築されており、企業や教育機関で急速に採用が進んでいる。

 テクノロジの世代交代が起きるたびに、広く利用されているさまざまなものが、次から次へとクラウドに移っていく。Googleはこのことを認識しており、同社の「G Suite」では、オンラインで安全かつセキュアに文書を作成、編集、保存することができる。

 市場をリードする同社のウェブブラウザ「Google Chrome」から、「Chromebook」専用のOSが派生した。Chromebookは、「Chrome OS」を搭載したクラウドベースの低価格ノートPCだ。「MacBook」や「Windows」ノートPCよりはるかに安価で、誰もが仕事に使うことができる。

 米TechRepublicの入門シリーズのChromebook編である本稿では、これらのノートPCを簡潔に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2512文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan