モバイル

「Chromebook」入門--企業向けモデルが増えたクラウド中心のノートPC

「Chromebook」は、グーグルの「Chrome OS」を搭載するノートPCだ。安価な機種が多く、一部のモデルでは「Android」アプリも利用できる。このところ、企業での利用に適したモデルも多く発売されている(2016年10月31公開、2019年11月7日更新)。

 テクノロジの世代交代が起きるたびに、広く利用されているさまざまなものが、次から次へとクラウドに移っていく。そのことを認識しているGoogleは、オンラインで文書を作成、編集、保存できる「G Suite」などの製品を開発した。

 市場をリードするGoogleのウェブブラウザ「Google Chrome」から、同社のノートPC「Chromebook」専用のOSが派生した。Chromebookは、「Chrome OS」を搭載したクラウドベースの低価格ノートPCだ。「MacBook」や「Windows」ノートPCよりはるかに安価で、誰もが仕事に使うことができる。

 Chromebookは、2011年のリリース当初から大きな変化を遂げている。従業員に支給するノートPCの要件として、配備の容易さ、柔軟性、セキュリティを定めている企業なら、Chromebookは改めて検討する価値がある。しばらくChromebookを使っていない場合は、なおさらだ。

 米TechRepublicの入門シリーズのChromebook編である本記事では、これらのノートPCを簡潔に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5802文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]