AI・機械学習

IBM「Watson Data Platform」--「機械学習を一般の人々に届ける」新プラットフォーム

IBMは、同社の新プラットフォーム「Watson Data Platform」について、機械学習を一般の人々に届けるようになるだろうと考えている。

 「成功をもたらす新たな貨幣はインサイト(洞察)だ」。そう語るのは、IBM Analyticsのシニアバイスプレジデントを務めるBob Picciano氏だ。「そして、インサイトエコノミーにおけるスーパーチャージャーとなるが『Watson』だ」(Picciano氏)

 Picciano氏は米国時間10月25日にラスベガスで開幕したIBM World of Watsonで講演し、同社の「Watson Data Platform」を発表するとともに「世界最速のデータ収集エンジンであり、サービスとしての機械学習だ」とアピールした。

 Picciano氏によると、クラウドベースのWatson Data Platformは「ダークデータに光を当てる」ものであり、「あらゆる人のために、とにかくあらゆるものを変える」という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2421文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan