AI・機械学習

IBM「Watson Data Platform」--「機械学習を一般の人々に届ける」新プラットフォーム

IBMは、同社の新プラットフォーム「Watson Data Platform」について、機械学習を一般の人々に届けるようになるだろうと考えている。

 「成功をもたらす新たな貨幣はインサイト(洞察)だ」。そう語るのは、IBM Analyticsのシニアバイスプレジデントを務めるBob Picciano氏だ。「そして、インサイトエコノミーにおけるスーパーチャージャーとなるが『Watson』だ」(Picciano氏)

 Picciano氏は米国時間10月25日にラスベガスで開幕したIBM World of Watsonで講演し、同社の「Watson Data Platform」を発表するとともに「世界最速のデータ収集エンジンであり、サービスとしての機械学習だ」とアピールした。

 Picciano氏によると、クラウドベースのWatson Data Platformは「ダークデータに光を当てる」ものであり、「あらゆる人のために、とにかくあらゆるものを変える」という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2421文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]