クラウド クラウドサービス コラボレーション

Dropboxのオンライン共同作業ツール「Paper」を試す--導入から文書作成、編集まで

クラウドストレージサービスDropboxから共同作業用アプリ「Dropbox Paper」が提供されている。ここでは、同アプリの使い方と使用感を紹介する。

 Dropboxがクラウドストレージの代表的な存在であることには、理由がある。Dropboxは非常に優れたサービスだ。2016年5月時点で、Dropboxは驚異的なユーザー数を誇っていた。具体的には、世界中で5億人以上のユーザーがDropboxを使用し、20万社が「Dropbox Business」を利用していた。また、1日に12億のファイルがDropboxにアップロードされていた。しかし、これまでDropboxの共同作業機能はファイル共有に限られていた。「Dropbox Paper」がリリースされたことで、そうした状況が改善された。

 Dropbox Paperを使うと、チームが(いわば)同じページ上で作業するかのように同じ考えを持つことができる。文書作成やコメント、タスク追跡、ファイルへのフィードバックなどの機能を利用して、簡単に共同作業を進められる。このアプリは現在ベータ段階にあるが、完全版がリリースされる前に、どのような機能なのか実際に確認することが可能だ。

 Dropbox Paperを使用するには、Dropboxの公式アプリを既にインストールしており、Dropboxアカウントにログインしている必要がある。Dropbox Paperはウェブブラウザ内から使うことも可能で、この場合は、公式サイトにアクセスして、Dropboxアカウントにログインする必要がある。それでは、Dropbox Paperをインストールして、同アプリの機能を見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2181文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]