MDM NTTコミュニケーションズ

Workspace Mobility:業務ウェブアプリを安全にスマホから利用できるSaaS

「Workspace Mobility」は、スマートフォンやタブレットで業務ウェブアプリケーションに安全にアクセスできる。端末の内部を分離して、私物のアプリやデータと隔離した状態の「セキュアコンテナ」としてアクセスする。

Workspace Mobilityのポイント

  • モバイル端末から業務で利用するウェブアプリへの安全な接続やファイル編集が可能
  • アプリは端末内の他のアプリやデータと隔離した状態の「セキュアコンテナ」として機能する
  • 各種ウェブアプリはセキュアコンテナ内の「セキュアブラウザ」から利用する

Workspace Mobilityの製品解説

 NTTコミュニケーションズの「Workspace Mobility」は、スマートフォンやタブレットから業務で利用するウェブアプリケーションへの安全な接続やファイル編集を可能にするSaaSだ。

編集部おすすめの関連記事

 「Microsoft Exchange」や「Microsoft Exchange Online」などのグループウェア、あるいはSaaSやオンプレミスのウェブアプリケーションを、Workspace Mobilityのアプリ上から使えるようになる。アプリ内のデータは認証と暗号化で保護し、端末紛失時には遠隔操作でアプリ内のデータのみを削除できる。

 アプリへのログインでは、Active Directoryを利用したユーザー認証と、端末固有のIDによる機体認証を組み合わせた多要素で認証する。不正ログインを抑止する。

 アプリは端末内の他のアプリやデータと隔離した状態の「セキュアコンテナ」として機能するため、会社と個人のデータ領域を完全に分離できる。セキュアコンテナ内のデータは、「AES(Advanced Encryption Standard)」方式(128ビット)で暗号化され、外部へのコピーも禁止される。

 各種ウェブアプリケーションは、セキュアコンテナ内の「セキュアブラウザ」から利用する。データをダウンロードして保存しないので情報漏えいを防げるとともに、HTML5ベースの操作性を実現する。セキュアコンテナ内のビューアやエディタでは、メールの添付ファイルを閲覧したり、保存したデータをオフラインで編集したりできる。

Workspace Mobilityの構成イメージ
Workspace Mobilityの構成イメージ(NTTコミュニケーションズ提供)
Workspace Mobilityのまとめ
用途と機能モバイル端末からウェブアプリケーションへの安全な接続やファイル編集を可能にするSaaS
特徴Exchange、Exchange Onlineなどのグループウェア、あるいはSaaSやオンプレミスのウェブアプリケーションを、Workspace Mobilityのアプリ上から使えるようになる
税別価格初期費用が企業あたり10万円。月額料金は基本利用料が企業あたり5万円、ライセンス利用料が1IDあたり1100円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan