資産管理 エムオーテックス

LanScope CloudCat:PCの電源を勤怠管理に使えるIT資産管理ツール

SaaS型IT資産管理ツールの「LanScope CloudCat」は、IT資産管理に必要な機能を搭載。IPアドレスやMACアドレスなど50種類以上のPCの情報を自動で取得、台帳化する。セキュリティパッチなどの状況も管理する。

LanScope CloudCatのポイント

  • IPアドレスやMACアドレスなど50種類以上のPC情報を自動で取得、台帳化
  • インストールされているソフトウェアの情報も自動で取得
  • セキュリティパッチやウイルス対策ソフトの状況を管理

LanScope CloudCatの製品解説

 エムオーテックスの「LanScope CloudCat」は、IT資産管理に必要な機能を備えたSaaSだ。PCとソフトウェアの資産管理、セキュリティ対策が可能で、全国各地に拠点があってもインターネット環境があればブラウザで資産管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 コンピュータ名、IPアドレス、MACアドレス、メモリサイズなど、50種類以上のPC資産情報を自動で取得、台帳化する。リース期限、プリンタ、ネットワーク機器など、別台帳で管理していた情報も一元管理できる。

 また、PCにインストールされているソフトウェアやウイルス対策ソフトの情報も自動で収集する。ファイル共有ソフトなど、会社で禁止しているアプリケーションがインストールされていないか、使用されていないかといったことの把握が可能だ。

 管理しているPCのセキュリティパッチやウイルス対策ソフトが最新の状態かを確認できる。クリックだけでセキュリティパッチの一括配布、インストールが可能だ。業務に関係のないアプリケーションの起動を禁止することもできる。

 PCの電源をオン、オフした時刻を自動で記録する。このログを管理することで、タイムカード代わりに使える。また、PCやソフトウェアの使用状況が分かるため、未使用のPCを必要部署に割り振るといったことができる。

LanScope CloudCatの画面イメージ
LanScope CloudCatの画面イメージ(エムオーテックス提供)
LanScope CloudCatのまとめ
用途と機能IT資産管理に必要な機能を備えたSaaS
特徴PCとソフトウェアの資産管理、セキュリティ対策が可能で、全国各地に拠点があってもインターネット環境があればブラウザで資産管理できる
導入企業ヘラマンタイトン、バーミリオン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]