資産管理 エムオーテックス

LanScope CloudCat:PCの電源を勤怠管理に使えるIT資産管理ツール

SaaS型IT資産管理ツールの「LanScope CloudCat」は、IT資産管理に必要な機能を搭載。IPアドレスやMACアドレスなど50種類以上のPCの情報を自動で取得、台帳化する。セキュリティパッチなどの状況も管理する。

LanScope CloudCatのポイント

  • IPアドレスやMACアドレスなど50種類以上のPC情報を自動で取得、台帳化
  • インストールされているソフトウェアの情報も自動で取得
  • セキュリティパッチやウイルス対策ソフトの状況を管理

LanScope CloudCatの製品解説

 エムオーテックスの「LanScope CloudCat」は、IT資産管理に必要な機能を備えたSaaSだ。PCとソフトウェアの資産管理、セキュリティ対策が可能で、全国各地に拠点があってもインターネット環境があればブラウザで資産管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 コンピュータ名、IPアドレス、MACアドレス、メモリサイズなど、50種類以上のPC資産情報を自動で取得、台帳化する。リース期限、プリンタ、ネットワーク機器など、別台帳で管理していた情報も一元管理できる。

 また、PCにインストールされているソフトウェアやウイルス対策ソフトの情報も自動で収集する。ファイル共有ソフトなど、会社で禁止しているアプリケーションがインストールされていないか、使用されていないかといったことの把握が可能だ。

 管理しているPCのセキュリティパッチやウイルス対策ソフトが最新の状態かを確認できる。クリックだけでセキュリティパッチの一括配布、インストールが可能だ。業務に関係のないアプリケーションの起動を禁止することもできる。

 PCの電源をオン、オフした時刻を自動で記録する。このログを管理することで、タイムカード代わりに使える。また、PCやソフトウェアの使用状況が分かるため、未使用のPCを必要部署に割り振るといったことができる。

LanScope CloudCatの画面イメージ
LanScope CloudCatの画面イメージ(エムオーテックス提供)
LanScope CloudCatのまとめ
用途と機能IT資産管理に必要な機能を備えたSaaS
特徴PCとソフトウェアの資産管理、セキュリティ対策が可能で、全国各地に拠点があってもインターネット環境があればブラウザで資産管理できる
導入企業ヘラマンタイトン、バーミリオン、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan