帳票管理 グレープシティ

Elixir Report:コーディングなしでデザインできる帳票管理システム

帳票管理システムの「Elixir Report」は、帳票の開発と運用に必要な機能をまとめて提供する。PDF形式の帳票をコーディングなしでデザインできる。APIで他のシステムと連携できる。

Elixir Reportのポイント

  • PDF形式の帳票をコーディングなしでデザインできる
  • データの抽出、連結やフィルタリング、列の追加などのデータ加工もできる
  • JDBC、CSV、Excel、XMLなどに対応、他システムとAPIで連携

Elixir Reportの製品解説

 グレープシティの「Elixir Report」は、帳票の開発と運用に必要な機能をまとめた帳票管理システムだ。帳票を設計する「レポートデザイナー」と帳票を管理する「レポートサーバ」で構成する。

編集部おすすめの関連記事

 レポートデザイナーは、PDF形式の帳票をコーディングなしで設計できるツール。罫線や表、テキスト、グラフ、バーコードなどの要素をドラッグ&ドロップでレイアウトできる。HTTP経由で利用できるREST APIを使うことで、プログラミング言語を問わずに帳票サーバにアクセスして目的のレポートを生成したり、データを取得したりすることが可能だ。

 レポートサーバは、ファイル管理、印刷ジョブ管理、他システムとのAPI連携などの機能を備える。複数のシステムに蓄積されたデータの抽出、連結やフィルタリングなどの処理、演算結果を新しい列として追加するなど、データ加工もできる。JDBC、CSV、Excel、XMLなどのデータ形式に対応する。

 生成した帳票をメールに添付して配信することも可能。各送信先用のデータに基づいてPDFファイルを作成できる。メールの宛先や本文を動的に変更する機能も搭載。これを利用することで、給与明細や納品書を送信を効率化できる。

 このほか、ユーザーが指定したスケジュールで定期的にレポートを印刷したり、メールに添付して送信したりする機能も搭載。夜間の大量レポート生成や月次レポート作成などのジョブを管理し、処理を自動で実行することが可能だ。

システムの概要図
システムの概要図(グレープシティ提供)
Elixir Reportのまとめ
用途と機能帳票の開発と運用に必要な機能をまとめた帳票管理システム
特徴コーディングなしで、罫線や表、テキスト、グラフ、バーコードなどの多様な要素を備えるPDF帳票を設計可能。外部のデータソースと連携する機能も提供する
税別価格デザイナーは1ライセンスあたり20万円、運用時には運用サーバライセンスが必要

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan