帳票管理 グレープシティ

Elixir Report:コーディングなしでデザインできる帳票管理システム

帳票管理システムの「Elixir Report」は、帳票の開発と運用に必要な機能をまとめて提供する。PDF形式の帳票をコーディングなしでデザインできる。APIで他のシステムと連携できる。

Elixir Reportのポイント

  • PDF形式の帳票をコーディングなしでデザインできる
  • データの抽出、連結やフィルタリング、列の追加などのデータ加工もできる
  • JDBC、CSV、Excel、XMLなどに対応、他システムとAPIで連携

Elixir Reportの製品解説

 グレープシティの「Elixir Report」は、帳票の開発と運用に必要な機能をまとめた帳票管理システムだ。帳票を設計する「レポートデザイナー」と帳票を管理する「レポートサーバ」で構成する。

編集部おすすめの関連記事

 レポートデザイナーは、PDF形式の帳票をコーディングなしで設計できるツール。罫線や表、テキスト、グラフ、バーコードなどの要素をドラッグ&ドロップでレイアウトできる。HTTP経由で利用できるREST APIを使うことで、プログラミング言語を問わずに帳票サーバにアクセスして目的のレポートを生成したり、データを取得したりすることが可能だ。

 レポートサーバは、ファイル管理、印刷ジョブ管理、他システムとのAPI連携などの機能を備える。複数のシステムに蓄積されたデータの抽出、連結やフィルタリングなどの処理、演算結果を新しい列として追加するなど、データ加工もできる。JDBC、CSV、Excel、XMLなどのデータ形式に対応する。

 生成した帳票をメールに添付して配信することも可能。各送信先用のデータに基づいてPDFファイルを作成できる。メールの宛先や本文を動的に変更する機能も搭載。これを利用することで、給与明細や納品書を送信を効率化できる。

 このほか、ユーザーが指定したスケジュールで定期的にレポートを印刷したり、メールに添付して送信したりする機能も搭載。夜間の大量レポート生成や月次レポート作成などのジョブを管理し、処理を自動で実行することが可能だ。

システムの概要図
システムの概要図(グレープシティ提供)
Elixir Reportのまとめ
用途と機能帳票の開発と運用に必要な機能をまとめた帳票管理システム
特徴コーディングなしで、罫線や表、テキスト、グラフ、バーコードなどの多様な要素を備えるPDF帳票を設計可能。外部のデータソースと連携する機能も提供する
税別価格デザイナーは1ライセンスあたり20万円、運用時には運用サーバライセンスが必要

「帳票管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]