サーバ仮想化 コンバージド・ハイパーコンバージド ウルシステムズ

第1回:SDI×HCIで作るクラウド時代の社内ITインフラ

サーバとストレージ、ネットワークの各レイヤを仮想化しても、物理的な機器は依然として存在する。その運用負担を軽減するのがハイパーコンバージドインフラだ。

社内のインフラをいかに効率化するか

 クラウドは企業ITの分野にもすっかり浸透した。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftを筆頭にありとあらゆるITベンダーがこぞって各社各様のサービスを提供している。いまやシステムを調達する際、クラウドを検討しない企業はレアケースに属するだろう。筆者が手がける案件でも、顧客がごく当たり前のようにクラウドの利用を受け入れている。

 しかし、さまざまな事情からクラウドでは運用できないシステムはある。例えば、クラウドで運用することが法的に難しいデータを取り扱うシステムが考えられる。特殊な周辺装置を利用するシステムも当てはまるだろう。つまり、今後も社内にシステムは残り続ける。ただし、その運用は可能な限り効率化したいところだ。

 読者もご存じの通り、インフラは常に効率性や柔軟性を追求してきた。サーバ仮想化は最たる例だ。仮想化ツールを使って社内のサーバを1つのリソースプールに仕立て上げる。必要なときに必要なだけリソースを切り出して使う。必要なくなったらプールに戻す。物理的なサーバにとらわれず柔軟な運用が可能になった。

 インフラの効率化をさらに推し進めるのが、「Software Defined Infrastructure(SDI)」である。文字通りソフトウェアによってインフラ全体を操作できるようにする。具体的にはサーバ、ネットワーク、ストレージの各レイヤを仮想化によって論理的に扱えるようにする。リソースが許す限り、物理的な構成にとらわれることなく、いつでも自由に好きなだけサーバを立ち上げ、ストレージを用意し、ネットワークを構成できる。

残り本文:約2707文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan