情報漏えい対策 エムオーテックス

LanScope Guard:情報漏えい防止に使えるメール送信先監視ツール

メール運用監視ツールの「LanScope Guard」は、社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化する。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握する。

LanScope Guardのポイント

  • 社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化
  • メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握
  • セキュリティポリシに抵触、指定サイズを超えるメールの送信を禁止

LanScope Guardの製品解説

 エムオーテックスの「LanScope Guard」は、メール送信による情報漏えいを防ぐためのメール運用監視ツールだ。社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化できる。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握できる点が大きな特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 全メールの内容を把握する。送信メールの件名、送信者名、添付ファイルの有無、アラーム送信数を一覧表示できる。セキュリティポリシに抵触、指定サイズを超えるメールの送信を禁止にすることも可能だ。

 本文、件名、宛先、添付ファイル名、Excelシート名に対してキーワードを設定し、キーワードを含むメールを保留できる。メールへの操作は保留以外にも通知、破棄、再送が可能だ。

 グループ、送信アカウント単位でメールの送信状況をレポートできる。週間、月間でセキュリティ状況をレポートしたり、ポリシ違反の上位3部署、上位10アカウントを自動検出することもできる。

LanScope Guardの画面例
LanScope Guardの画面例(エムオーテックス提供)
LanScope Guardのまとめ
用途と機能メール送信による情報漏えいを防ぐためのメール運用監視ツール
特徴社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化できる。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]