情報漏えい対策 エムオーテックス

LanScope Guard:情報漏えい防止に使えるメール送信先監視ツール

メール運用監視ツールの「LanScope Guard」は、社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化する。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握する。

LanScope Guardのポイント

  • 社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化
  • メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握
  • セキュリティポリシに抵触、指定サイズを超えるメールの送信を禁止

LanScope Guardの製品解説

 エムオーテックスの「LanScope Guard」は、メール送信による情報漏えいを防ぐためのメール運用監視ツールだ。社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化できる。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握できる点が大きな特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 全メールの内容を把握する。送信メールの件名、送信者名、添付ファイルの有無、アラーム送信数を一覧表示できる。セキュリティポリシに抵触、指定サイズを超えるメールの送信を禁止にすることも可能だ。

 本文、件名、宛先、添付ファイル名、Excelシート名に対してキーワードを設定し、キーワードを含むメールを保留できる。メールへの操作は保留以外にも通知、破棄、再送が可能だ。

 グループ、送信アカウント単位でメールの送信状況をレポートできる。週間、月間でセキュリティ状況をレポートしたり、ポリシ違反の上位3部署、上位10アカウントを自動検出することもできる。

LanScope Guardの画面例
LanScope Guardの画面例(エムオーテックス提供)
LanScope Guardのまとめ
用途と機能メール送信による情報漏えいを防ぐためのメール運用監視ツール
特徴社内の誰からどの企業の誰にメールを送っているのかを可視化できる。メールの中身だけでなく誰に送ったかを把握する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan