マーケティング

GISAp:人やモノの情報を地図上に表示、操作性や使い勝手にこだわったGIS

地図情報システム(GIS)の「GISAp」は、人やモノの情報を地図上にプロットして管理分析する。20万分の1~2500の1の地図データをベクター形式で標準搭載している。

GISApのポイント

  • 人やモノの情報を地図上にプロットして管理分析する
  • オフィスツールのような操作性や使い勝手を特徴とする
  • 20万分の1~2500の1という詳細地図から広域地図まで全国エリアの地図データ、全国の町丁目と街区レベルの住所検索データを標準搭載

GISApの製品解説

 NECソリューションイノベータの「GISAp」シリーズは、人やモノの情報を地図上にプロットして管理分析する地図情報システム(GIS)だ。オフィスツールのような操作性や使い勝手を特徴としている。

編集部おすすめの関連記事

 20万分の1~2500の1という詳細地図から広域地図まで全国エリアの地図データをベクター形式で標準搭載。製品保守契約を締結している場合は年1回の頻度で最新の地図データを提供する。

 全国の町丁目、街区レベルの住所検索データも標準で搭載する。顧客情報や店舗情報など、住所付きの情報を自動で地図上にプロットすることが可能。オプションでさらに詳細な番地号レベルのデータを提供している。

 住所付きのCSVデータを一括で地図上へプロットする「アドレスマッチング機能」、既に地図にプロットした任意のデータを条件にしてCSVデータを一括で地図上へプロットする「データマッチング機能」、属性情報の条件指定によって地図にプロットした情報を色分けする「属性色分け表示機能」、範囲指定したエリアから条件を指定してCSV形式でデータを出力する「データ抽出機能」、さまざまな情報を結合することで条件付けによる視覚的表現や位置的条件を組み合わせた抽出、集計、分析を処理する「データ集計/分析機能」――などを備える。

 汎用的なGISに加えて、農地管理や要援護者支援などの業務向け製品もそろえている。

標準地図の広域表示イメージ
標準地図の広域表示イメージ(NECソリューションイノベータ提供)
GISApシリーズのまとめ
用途と機能人やモノの情報を地図上にプロットして管理分析するGIS
特徴500分の1の高精度な詳細地図から広域地図まで全国エリアの地図データ、全国の町丁目と街区レベルの住所検索データを標準で搭載する。オフィスツールのような操作性や使い勝手を特徴としている
税別価格製品価格:30万円から、保守価格:年間6万円から
導入企業中村建設、愛知県江南市、愛知県犬山市

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan