開発支援

人気アプリの開発に欠かせないスマホアプリ解析ツール5選

流行り廃りの激しいアプリ開発の世界を生き残るには、日々の細かいデータ分析やチューニングが欠かせない。アプリ解析ツールなどをうまく使い、使い勝手や機能の見直しと改善を積み重ねていく必要がある。

 次から次へとリリースされるスマートフォンアプリ。流行り廃りの激しい世界で、新しいものが出ては古いものが消えゆく……。そんな動きが後を絶たない。ITやデジタルという流れの速い業界ゆえ、そういったトレンドは当然なのかもしれないが、せっかく生み出したアプリならスケールさせたい、というのが開発者の本音ではないか。

 インストール数を増やすにとどまらず、利用頻度の高いアプリに成長させ、長く生き残ることを目指すには、日々の細かいデータ分析やチューニングが欠かせない。アプリ解析ツールなどをうまく使い、使い勝手や機能の見直しと改善を積み重ねていく必要がある。

 そこで今回は、スマートフォンアプリ解析ツールを5つ選りすぐって、それぞれの特徴とあわせて紹介する。

1.appsee

 デジタルマーケティングの支援サービスを提供するインターアローズが開発する「appsee」。「アプリ画面録画・動画分析」機能では、利用者の挙動を録画できることから、アプリの使い勝手について利用者の気持ちになって細部までなぞることができる。

 アプリ画面の全てのタッチジェスチャを記録する。これをヒートマップで可視化することで、利用者が関心を持つエリアやよくタップする箇所、気になるコンテンツなどを明らかにできる。

 「アプリ利用分析」機能は、利用者がアプリ内のどの画面で最も時間を使っているか、離脱率の高い画面はどこか、分かりづらいと感じている画面はどこか、などをリアルタイムで分析可能だ。

 初期費用は無料。月額費用は9万5000円から。アプリ解析数、セッション数、ビデオ記録数によって異なる。

appsee

2.admage for App

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1300文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan