Windows OS Microsoft

「Windows 10」の「Start」メニュー--アプリリスト非表示が可能になった「Build 14942」

マイクロソフトは「Windows 10 Anniversary Update」で「Start」メニューの改善に取り組んでいる。ここでは、同アップデートの「Build 14942」でStartメニューに加えられた機能を紹介する。

 筆者は最近執筆した複数の記事で、「Windows 10 Anniversary Update」によってもたらされた「Start」メニューへの変更点を紹介し、それらを有効に活用する方法を伝授した。『「Windows 10」で「Start」メニューをカスタマイズ--昔のようなシンプルさを取り戻す』では、「All Apps」(すべてのアプリ)リストがデフォルトでStartメニューの左側に表示されるようになったため、タイルをすべて削除して、メニューをリサイズすることで、より効率的なアプリケーションランチャーを作成できることを説明した。『「Windows 10」の「Start」メニューに番号付きショートカット--よく使うアプリを見つけやすく』では、ショートカットに番号をつけることで、簡素化したStartメニューの効率性をさらに高める方法を紹介した。

 Windows 10 Anniversary UpdateでStartメニューに施した変更をベースとして、Microsoftは引き続きStartメニューの改善に取り組んでいる。「Windows Insider Program」でFastリングを選択しているユーザー向けにリリースされた「Build 14942」で、MicrosoftはStartメニューのアプリリストを非表示にできる機能を追加した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1828文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]