ウェブ会議 KDDI

VistaFinder Mx Cloud:現場からの映像にリアルタイムで指示して作業を支援

遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx Cloud」は、作業現場からスマートフォンやタブレットなどで撮影した映像を生中継。ARを活用して、作業現場側の画面上に指示する側の端末に記載した手書きの指示をリアルタイムで表示できる。

VistaFinder Mx Cloudのポイント

  • スマートフォンやタブレットなどで撮影した映像を生中継
  • ARを活用して、画面上に手書きの指示をリアルタイムで表示
  • データ量を削減することで転送を高速化

VistaFinder Mx Cloudの製品解説

 KDDIの「VistaFinder Mx Cloud」は、遠隔の作業現場からスマートフォンやタブレット、モバイルPCなどで撮影した映像を生中継する遠隔作業支援システムである。拡張現実(AR)技術を活用して、作業現場側の画面上に作業指示者側の端末に記載した手書きの指示をリアルタイムで表示する仕組みを構築することも可能だ。送信位置の地図を表示する機能も提供する。

編集部おすすめの関連記事

 映像圧縮伝送技術には、KDDI研究所が開発した「VistaFinder Mx」を採用。画像データ量を削減することで転送を高速化している。

 VistaFinder Mx Cloudは、クラウドサービス「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」を利用するのでインターネット回線があれば利用が可能だ。従来の「VistaFinder Mx」と異なり、顧客企業がサーバを構築、運用する必要はない。システムの構築から提供までの期間を従来の約2カ月から約2週間に短縮できるという。

 海外の現地法人向けにも提供(中国、米国から提供を開始し、提順次拡大予定)。海外現地法人に導入することで、海外を含む遠隔地の作業管理、海外出張のコスト削減を実現できるとしている。

VistaFinder Mx Cloudの利用イメージ(KDDI提供)
VistaFinder Mx Cloudの利用イメージ(KDDI提供)
VistaFinder Mx Cloudの概要
用途と機能 遠隔地の作業を生中継する遠隔作業支援システム
特徴 同社のクラウドを活用することで専用のサーバを必要することなく、利用できる
税別価格 初期費用:15万円から、年間利用料金:33万8000円から

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]