開発

DevOps導入を成功させるための10カ条

Amazon.comやAdobeといった企業が、DevOpsを使って成果をあげている。ここでは、DevOpsというワークフローについて知っておくべき事柄を解説する。

 Adobe SystemsやAmazon.com、Target、Walmartといった米大企業のあいだで、DevOpsという潮流に対する関心が高まり続けている。

 TechRepublicのJames Sanders氏が解説したとおり、Development(開発)とOperations(運用)を組み合わせるDevOpsとは、本質的に「ソフトウェア開発者、そして、本番運用を管理しているIT担当者とのあいだの統合およびコミュニケーションに注目した」ワークフローである。このアイデアはアジャイル方法論から成長し、2009年に開催されたカンファレンスで初めて注目された。

 IT部門の多くでは、開発、運用、サポート、管理の担当組織がそれぞれ自己中心的に動いている。これに対しDevOpsシステムは、生産性を高め、ワークフロー全体を円滑化するために、各組織の統合を図る。Sanders氏によると、DevOpsシステムを導入した組織は、ソフトウェアとセキュリティアップデートを組織内ユーザーおよび顧客に対し、迅速に提供できるという。DevOpsの最終的な目的は、製品の市場投入までにかかる時間を短縮し、ソフトウェアとセキュリティアップデートの提供を迅速化し、作業プロセス全体の信頼性を高めることだ

 この見解を裏付ける数字が存在する。IT担当者4600人を対象として2016年6月に実施されたPuppetの調査によると、しっかりとしたDevOpsワークフローを導入済みのIT部門は、うまく機能していないIT部門に比べ、200倍も頻繁にソフトウェアをデプロイしていたそうだ。さらに、復旧にかかる時間は24分の1に、変更時の失敗率は3分の1になった。うまく機能しているIT部門ではセキュリティ問題の対応にかかる時間が50%短くなり、計画外の作業時間が22%減っている。

 「The Phoenix Project:A Novel About IT, DevOps, and Helping Your Business Win」の著者で、「The DevOps Handbook」の共著者であるGene Kim氏は、「このデータでとても驚かされたのは、DevOps手法を採用して優れた業績を残している組織がそうでない組織に比べてどれほど勝っているか、ということだ」と述べた。「優れた業績を残している組織は、よりアジャイルであると同時に、信頼性も高かった。このことから、DevOpsは核心的かつ慢性的な対立を解消できることが、経験的に証明される」(同氏)

 Indeedによると、DevOpsに言及している求人の割合は、2012年時点で1%未満だったが、今や30%を超えたという。

 ここでは、技術リーダーがDevOpsについて知っておくべき事柄を10項目紹介しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3584文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]